つーか日本のIE使用率の高さは異常。如何に変化に対応できてないかってのがよく分かる。
 とは言え周りでIEメインで使ってるユーザなんてほとんどいないのに一体誰が使ってるんだ???さっさと消えてくれればみんな幸せになれるのに。

関連タグ:ブラウザ
2016-07-26 [インターネット]

 「インストール容量がよりBIGになりました!それに併せて使用メモリ量も大幅にBIGになりました!」じゃなければ良いのだが。

2012-06-25 [ソフトウェア]

 本命キター!!!………………

 しかし、今回のブラウザは、新しいハードウェアアクセラレーションインターフェースに依存するため、「Ice Cream Sandwich」でしか動作しない。

 …orz
 逆に言えばそのスペックを発揮できる土台が完成するまでChromeを出すわけにはいかなかった、ということなんだろか。
2012-02-08 [モバイル]

 そんな話もありましたね。
 
 個人的なぶちゃけ話としては最近のFireFoxはかつてのネスケと同様重量を増すばかりなのでChromeに乗り換えたいと思いつつChromeはガンコにサイドバーの搭載を行わないため不可でありそんならChromePLus使えよとゆー話もあるわけだが中華OSSは怖くて入れられないと思うわけで。
関連タグ:Googleブラウザ
2011-12-21 [ソフトウェア]

 ほー。最近Amazonは以前とは大分違う方向に進んでるなぁ。それはそれで面白い。
関連タグ:Amazonブラウザ
2011-09-29 [ソフトウェア]

 先日、元となった話は目にしていたのだが、なんとなく違和感というか胡散臭さというか、まあある種の情報操作(とゆーほど派手なものではないけど)の気配を感じたのでこのブログに書くのはやめておいた。と思ったらご覧の有様だよ!

 つまりこの話に過剰に反応するかしないかでIQを判断しようという壮大な釣り?クマー。まあそれ言ったら「嘘ってのが嘘でした」って話もありうるわけだけどな。
関連タグ:ブラウザ
2011-08-04 [インターネット]

 平面ぽくなったアイコンがなんだかゲームのパワーアップアイテムのように見える。

 と言ってて思い出した。「イメージファイト」のポッドに似てる気がするw この色合いだと各種ポッドの特徴を網羅した(青がないが)マルチ型として使えそうだw
2011-04-28 [ソフトウェア]

 はっはっは、早速仕事で作った某Webアプリで問題が発生したさこのバカモノがw
関連タグ:ブラウザMicrosoft
2011-04-26 [ソフトウェア]

 まったく同じページに対し、なぜかIE8だけBasic認証が通らない場合がある。…とうとうBasic的な事も出来ないように成り下がってきたか。
関連タグ:ブラウザ
2011-04-05 [日記]

 人のパフォーマンス言う以前にAndroid用Firefox4の重さをなんとかしてほしい。まあ本体が初代Xperiaであるせいもあるとは思うのだが、あの重さはマシンスペックの差の一言では片付かないよーに思う。
関連タグ:ブラウザ
2011-04-05 [ソフトウェア]

 IE6はオワコ(ry

 とまあそれはさておき日本でのIE6のシェアが比較的高いのは「与えられたものをそのまま使う国民性」の表れ、中国が最多なのはIE6プレインストのOS海賊版が(ry
 ノルウェー、フィンランドなどの北欧勢が低いのは元からでしょうね。Operaのお膝元だしLinux発祥地だし。
関連タグ:ブラウザ
2011-03-07 [インターネット]

 Webアプリを作る上でほぼ必須機能となっている「Cookie」。サーバ側からクライアント側に何かしら情報を残す唯一の手段としてあちこちで使用されてます。セキュリティでコレを制限すると多くのWebアプリが制限受けてマトモに動かなくなるハズです。

 サーバサイドからCookieを利用する場合、基本的に重要な情報は持たせず、その時のセッションIDとか足跡としてのユーザ情報とか、どーしてもサーバ側に持てない情報を持つことがほとんどです。まあ中にはアカウント情報を平文のまま置いてるとかいった愉快なシステムも無くはないですが(苦笑)。

 そんなわけなのでサーバから送るCookieの数、サイズはフツーそんなに多くなることはないと思われます。私も普段そんなに意識しておらず、まあどっかに限界はあるんだろうな、程度にしか考えてませんでした。

 …つまりはそれが仇になった事態が発生したワケですが(苦笑)。

 とあるログイン有りのWebアプリ。1ユーザがログインする毎に時間情報やら何やらで7〜8個の変数をCookieに登録する。このシステムに「同一端末から別ユーザで複数ログインができるように」なんて改修依頼がきたもんだから変数名を配列化してやれやれ対応完了、などと思ってたら「一定数以上のログインをすると先にログインしてたユーザの挙動がおかしくなる」とゆー事態が発生。そこで「原因がCookieにある」とピンと来た分まだマシだったと言えるでしょう。

 まずはブラウザ変えてみる。最初はIE6でダメ。FirefoxはOK。IE7はやっぱダメ。
 次にサーバ側でCookieの値を確認。…挙動がおかしいユーザのCookieがいくつか消滅してる。もちろん生存時間未満で。で、Cookie変数の数を数えてみると何度やっても20個以下。ところがFirefoxで同じマネをすると20個以上生成されてる。この段階でIEのCookie個数限界に原因があると推察。

 調べて見たところ、CookieはRFC2109で「クライアントは1つのホストにつき『最低でも』20個のCookieをサポート」云々と規定されてるっぽい。 …つまり最終的な実装は各ブラウザに依存するのね。Firefoxは20以上だけどIEは20ジャストで、以降新しい変数が登録される度に古い変数が破棄されてるっぽい。

 他にもサイズでの制限があるっぽいです。こっちも『最低でも』4096バイトらしい。まあテキストで4KB越えるのって結構大変だとは思いますが、サーバ側の実装次第ではコレも超えることがあるでしょう。
 Cookieは基本セッションIDくらいに留めておいて、極力セッション変数とかを用いた方が良いかと思われます。

 で、上記のシステムの場合、仕様上どーしてもCookie削れないんで、運用で同時ログイン数を制限することで対応することになりました。
関連タグ:ブラウザ
2007-02-14 [日記]

 この駄文系ページ始まって以来のマイナーネタかもしれない(苦笑)。

 PHPを使う上で大変便利なセッション変数。CookieもしくはGETパラメータに接続を持続するためのセッションIDを割り当てて、ページ間を跨る変数をサーバに残して利用できるというモノ。例えば商用サイトでいわゆるカートを実現するのに便利な機能だったりします。

 このセッション変数を開始するに辺り、まずCookie(※一般的には)にセッション情報を渡すための session_start()が使われます。この時同時にセッションのキャッシュ持続時間とかがhttpヘッダ情報として同時に渡されます。この時渡される内容はphp.iniのsession.cache_limiterで定義されますが、セッションを使ったサイトの場合「戻る」で戻られると厄介になる場合が多いので、デフォルト値は「nochace」、つまりキャッシュ無しとなってます。これはセキュリティ的にも意味のある話なのでフツーは問題ありません。

 ないんですが、ここで標題のNetscape4.78の話が出てきます。まだNetscapeがFireFoxエンジンの力を借りずともそこそこIEと渡り合ってた頃の遺物(苦笑)。結構官公庁系だとコレをメインのブラウザにしてるところがまだあったりします。ちなみに本サイトはスタイルシートの関係上Netscape 4.78では正常に閲覧できません。
 さて、session.cache_limiter、もしくは関数のsession_cache_limiterでnocacheを指定した場合、実際の処理としてキャッシュに関わるhttpヘッダをいくつか送信するようです。その中の1つに「Expire」を設定してるっぽいってのがあるのですが、どーもNetscape 4.78だとExpireを受けるとヘンに解釈するみたいで、ファイルの読込が完了してページが普通に表示されてるにも関わらず、ソースを表示してみると「データがありません」云々が表示されてしまう場合があります。まあ画面表示は終わってるんでとりあえずは良いかって話もありますが、例えばこの状態で印刷プレビューを開くと、表示されてる内容ではなく前述の「データがありません」状態になってしまいます。
 これらはもちろんcache_limiterの設定をprivate以上に設定すれば済む話ではありますがそーするとクライアント内にキャッシュが残ってしまいます。セキュリティやらなにやらの理由でキャッシュの利用が禁止されてる場合に困ってしまいます。

 なので、この場合session.cache_limiterでキャッシュの制御を行うのを止めます。 php.iniのデフォルト値はnochaceで良いとして、session_startを実行する前に
session_cache_limiter("none");
としてキャッシュ系ヘッダの送出を抑制します。で、その後
header("Last-Modified: " . gmdate("D, d M Y H:i:s") . " GMT");
header("Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate");
header("Cache-Control: post-check=0, pre-check=0", false);
header("Pragma: no-cache");
てなカンジにExpire以外の「キャッシュ無効化」ヘッダを自前で送出することで、前述の状態を押さえる事が出来ました。

 もっとも、状況によって色々違うだろーから必ずしも上手くいくとは限らないので注意。特にExpireを送らない事での問題や、他のブラウザへの影響等もあるかとは思います。あくまでふるーいブラウザをごまかす手法の1つと考えて下さい。どっちにしろサイズを変えただけでリロードされるとかの鬱陶しい現象がNetscape 4.7系列には憑き物。ええ憑いてますともさ。さっさとFireFox辺りに乗り換えてもらうのが正しい世の流れとゆーものではないでしょか。
関連タグ:PHPブラウザ
2006-02-21 [日記]