ふむ興味深い。創畜連携システムのバッテリーってリチウムイオンだから値段のワリにあんまり容量ないからそれほど効果ないんだよな。

 にしても太陽光発電で生活するにしても電気自動車走らせるにしてもやはり一番のネックはバッテリーだなー。なんかここらで一発ブレイクスルー技術が出てこないものだろうか。

2014-11-07 [生活]

 これはなかなか良いのでは。さらにブラッシュアップ、というかダウンサイジング?を行なって、例えばホームセンターで売ってるサンシェードの類をこの素材で作れればお手軽だし一気に普及しても良いんじゃないだろうか。まーその場合非常用電源くらいにしか使えなさそうではあるが。

2013-07-23 [技術]

 リッター111kmて。ヘタするとその辺の車の10倍か。RX-8とかと比べたらなおさらすごい比率になりそうだ。

 次に車買い換える頃にはリッター50kmくらいが当然なラインになってそうだなー。
関連タグ:エコ自動車
2011-11-07 [乗り物]

 話は変わるがこの度の震災やら原子力やらのゴタゴタ対策で導入したものの1つ「蒸留水器」。水を沸騰させたのち冷却して蒸留水を作るとゆーシンプルなものだが、4リットルからの水を沸騰させるのに550W/h近くの電力を6時間近く付けっぱなしにしないといけないとゆー、昨今の電力事情にはあまりやさしくないアイテムだったりする。

 で、この記事。こーいった技術と連動して「熱エネルギーを電力として回収、ついでにその際に冷却」みたいな事ができればより効率的なシステムになるだろうとオモタ。

 そしてそんな事を考えていたら「完全に閉じた動力系をもち、発生した熱のほぼ全てを機体稼働用のエネルギーに再利用できる」とゆー「ORヴェルトール」すげーとかオモタ(笑)。
関連タグ:エネルギーエコ
2011-06-22 [技術]

 ふむ。この勢いで今私が載ってるコルトベースの開発もよろ。しかもVersion-R仕様で(笑)。
関連タグ:エコ
2011-02-16 [乗り物]

 …いずれ官公庁の正式フォーマットに採用、とかなったらヤだな…。
関連タグ:エコ
2010-12-10 [技術]