橋下市長の会見を聞く限りにおいては私は「否」派ですな。どうも「この際だから徹底的に荒療治してやろう。それで多少の犠牲が出るのは構わない」的な短絡思考が見え隠れ…いや隠れてないように思う。そして最終的に決定した隠れ蓑的な…ってこれも隠れてないな。表面的にも程がある方策なのに「決定的に違う(ドヤ」的な茶番さ加減。言うだけ言って引っ込みつかなくなったけど思ったより支持されなかったからとってつけたような折衷案でお茶を濁した。今回のドタバタはそーゆー印象です。

関連タグ:教育
2013-01-21 [社会]