…ぶちゃけスタンドで良いならQi対応である必要はないと思うわけだが…。

関連タグ:Nexus7
2013-12-09 [アイテム]

 私もNexus7(2013)の明確な用途として位置づけている電子書籍。しかし改めてこーして比較してみると

  Reader Storeはホントにダメだな!w

 画質は悪いわユーザビリティは低いわ。先日Nexus7(2012)を16GB→32GBに切り替えた際に記事中にもある「台数制限を超えた場合のペアリング解除」で引っかかってさぁ。KindleとかはWeb経由で簡単に解除できたんだけどReader Storeだけはわざわざヘルプに連絡して、しかもそれから1週間ほどかかるとキタもんだ。最大1週間かと思ったら実際1週間ほどかかってたしな。

 Sonyはソフトウェア・サービスにアレなところがあるとは以前からよく言われるところだがその典型例の1つと言えるだろう。Sony Readerが存在しなければ存在価値が疑われるほどだ。いや逆に固定端末及び低解像度のReaderに合わせてるからこんな程度で済むと思ってるとゆーことだろか。どんだけ蛙だよと。


関連タグ:Sony電子書籍Nexus7
2013-08-27 [書籍]

 さて発表されたと思ったら早速予約開始してたので家電量販店で32GB版予約した私なわけですがなにかなのはさておき、

価格は16GBモデルが3万500円、32GBモデルが3万7000円。

またLTE版は取り扱われない。

 …なにこの圧倒的なメリットの無さ&auであることの意味のなさ。
 ここまで来るとむしろ本来販売予定無かったのに某リンゴ社の横槍でわざわざ印象悪くなるような販売することにしたとしか思えん。こーゆー不当な価格操作・強要って公取委とか動かないのかね?
関連タグ:auNexus7
2013-08-26 [ビジネス]

 ふむ、流石に2012版と同等の金額にはできなかったか…と言いつつ去年も出して1ヶ月程度でお値段下げた前科があるからなぁ(苦笑)。待つか待たずにいくか悩ましいところだ、といいつついっちゃいそうだけどもw
関連タグ:AndroidGoogleNexus7
2013-08-26 [PC]

 実は先々月、会社でとある買い物をした際にNexusu7(32GB)が抽選で当たるキャンペーンをやってて無造作に申し込んだところ当選してしまい、自宅の16GBモデルと交換したばかりなのでした(笑)。その16GBモデルは会社で共同利用化しました。

 さてそれはともかく新7。順当進化ですな。
 特にコレまであまり必要ないと思っていた外部出力。そんなわけで共同利用化して会議やらで使っていると、「これをこのままプロジェクタで出力できればなぁ」と思うことが多くなってきた。更なる理想を言えば無線HDMIなわけだがそれでもできるできないの差は大きいのでちょっと欲しい。

 …これでデジタイザさえ付いてれば即ポチだったんだがなぁ…。まあ日本発売はまだ時間かかるようだからもうちょい考える。
関連タグ:AndroidGoogleNexus7
2013-07-25 [PC]

 そんなわけで私もNexus7利用度が日に日に上昇しております。

 先日mp4ムービーのカクつき問題に一応の解決策を見つけたこともあり、また先日「Twonky Beam」のアップデートが行われ、それまで何となく(torne PS Vitaと比べると)不安定だったムービー再生が安定化したこともありメディアプレイヤーとしての価値が上昇。
 また所持書籍の自炊を進める一方でSony Reader及びKindle経由での書籍購入も時折行なっており、電子書籍リーダーとしての立ち位置も確立。ちなみに最近はSony ReaderよりもKindle経由の購入の方が多くなってますな。理由はショップの軽さ。純正Kindleはだいぶ使いやすいとの噂だけど正直Android版は検索機能とかかなり出来が甘い。甘いのだがReader Storeと比べると軽いのでさらっと買ってしまう雰囲気。このへんは一日の長というか、相変わらずSonyはコンテンツ使わせることにまったく注力してないというか。少しは自社製品であるところのtorneやらnasneやらを見習ったらどうよと。


 さて、そんな感じで利用度が上がってくるとまた別の要求が出てくるのが人情とゆーもの。その中でも最たるものが「防水機能」。わたしゃ入浴時に読書することが多い人なのですが、電子化が進むに連れ役割がそっちに移るのは当然。となると防水だなぁと。
2013-01-17 [PC]

 今年最初のネタはタブレット&ムービーネタだよ!(だからなんだ)

 Kindle Fire HD、iPad miniと並びいつの間にやら「3大7インチタブレット」と呼ばれることもあるNexus7。色々便利に使ってる中で1つ役割として持たせたいのが「メディアプレイヤー」としての機能。音楽はまあスピーカーの都合上若干役者不足としてもNASに保存したムービーをDLNA、もしくはファイル共有を通じて閲覧できるよーにしたいとゆーのが以前からありました。ShuttleのNASベアボーンキット「OMNINAS KD20」やら「nasne」やら、果ては無線LAN-APを入れ替えたりしたのもその一環。

 さてところがOMNINASでNASを環境を構築、無線LAN経由で接続可能とした上で、mp4主体のムービーファイルをNASに保存しDLNA経由、あるいはESエクスプローラ経由で再生を試みたところ、結構な数のファイルでコマ落ち…というか正確には「ごく一部のコマしか表示されない」とゆー困った事象が発生。しかもワリと貰い物の、つまり自分でエンコしたわけではないファイルでそうなってるものが多い。
 最初はハード的にデコード能力が足りてないのかと思ったのですが、発生するファイルをNexus7本体にコピーして再生する分には問題ない。またNexus7はデュアルバンド対応のKindle Fire HDと比較すると無線LANの速度が多少落ちるとゆー話も見かけたのだが、処理落ちが発生してるファイルの転送サイズを見てもそんなに食ってるようには見えない。つーか「処理落ちが発生しないファイルで、してるファイルより転送量が大きいのがある」とゆーことも判明し、や、これはデコーダかファイルフォーマットの問題なんじゃないかなと。
 情報が曖昧なのでアバウトな情報しか見かけなかった中、「mp4コンテナがv1だとLAN経由で再生可能な転送量の閾値が低い。v2だと大丈夫」的な話を見かける。…で、mp4コンテナのv1とかv2ってナニ?w

 まーmp4の情報フォーマットバージョンの問題らしくエンコードされた映像そのものの問題ではなさそうだ、と。よくわかんないけどその辺無理やり対応してみるか、とゆーことで導入してみたのが「avidemux」。問題のファイルを開き、映像・音声はそのまま「Copy」、「Output Format」だけ「Mp4V2 Muxer」を選択して再度ムービー保存。映像・音声はそのままだからそんなに時間かからずに終了。数%程度ファイルサイズが増えるだけで実質的な違いはほとんどなさそう。Nexus7で再生したところ無事処理落ちも劣化も無しににフツーに見えるようになりました。やたー。

 まー結局v1とv2の明確な違いってわかんなかったんですけどね。結果オーライでいいや。ひょっとしたらNexus7側のデコーダで対応できたのかもしれないけど。どっちにしろ全ファイルをコンバートかけるのはめどい。一応ジョブキューによる自動化も可能っぽいけどなんかうまくいかない。とりあえず遅れが確認されたファイルから優先的にコンバートすることにしますか。
関連タグ:AndroidNASNexus7
2013-01-02 [映像]