どーでもいいが「キヤノン」「ガンプラ」と続くとどうしてもイメージするのはガンキャノンだよなぁw
 ところでガンキャノンといえばカイ・シデンなわけだが、ことぶきつかさの「機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー -カイ・シデンのメモリーより-」がとても面白いので未見の方は是非。まあ1stを知ってる世代に限定されますが。なお似た名称で「Z」ベースのがあるけどそちらはそんなでもない。

2014-06-10 [ホビー]

 さて私は周知の通りwガンプラビルダーなわけで、作品としてはアレだけどもプラモの流用性が高かったAGE、先日円満最終回を迎えつつ是非2期をと望んでいるガンダムビルドファイターズの影響などもあってか、ここ最近のガンプラ、特にオリジナル改造ガンプラの制作がその筋では活発なよーに思います。特にビルドファイターズの流れで発売されたブースター系と各種パワーアップパーツの存在が、オリジナル改造ガンプラの敷居を低くしているのだろうと思います。いいことです。

 …いいことなんですが、なんかバランスも考えずにゴテゴテパーツをつけるだけの改造が横行してる弊害もあるよーに思います。もちろん本人が楽しい事が前提なので、また本人としてはバランスを考えてそうなった結果であることは想像に難くないので、あるいは意図的にバランスを崩してる可能性もあるので、決してそれを否定するわけではない、というか否定すると自分のレーゾンデートル的な何かに影響するのでできるわけがないwのですが、とは言え安易な手法ばかり幅を利かすようだと「ガンプラの改造なんてこんなもんか」と、せっかく盛り上がったブームが収縮してしまう恐れもあるんじゃないかなぁと思うわけです。
 まあアレです。セイ君ほどとは言わないまでも、改造のポイントとなる重要なパーツは自分である程度改造し、一見ベースがなんだかわからないくらいにしたいなぁと。

 話が長くなりましたが、よーするに「そろそろ3Dプリンタも真面目に考えるかな」と思い始めてるわけです。

関連タグ:3Dプリンタ
2014-04-08 [アイテム]

 むう、結構スマートだな。塗装ブースの隣辺りだったら違和感なさそうだ。値段的にも…まあ頑張れば…。もう一声かなー…。
関連タグ:3Dプリンタ
2013-08-20 [アイテム]

 うーむこの「これくらいならギリギリ許容範囲かな」と思わせる絶妙なお値段感w
 とりあえずもーちょい検討するw
関連タグ:3Dプリンタ
2013-07-08 [ハードウェア]

 ふーむ…。話題先行な感もある3Dプリンタだが曲がりなりにもプラモ作りを趣味とするIT系の人間としては興味がないと言ったら嘘になる。
 もー少し様子を見て、そうね、ちょうどWin8.1が出てくる頃に検討してみますか。
関連タグ:Windowsプリンタ
2013-07-05 [OS]

 まあそうね(苦笑)。
 確かに最近価格が急落したせいかにわかに話題になってて会社の偉いさんの中にも訳知り顔(ドヤ顔とも言う)で「これから間違いなく(口癖)流行る」的に言ってる人もおりますが、私みたいに曲がりなりにもプラモとかを趣味としてる人間にしてみればある程度の有用性があるものの、さてコレが通常のプリンター同様一般(業界含む)に広まる要素があるかとゆーと疑問ではありますね。

 とは言え。
 以前今ほど画像取り込み機器…つまりスキャナーが一般的で無かった頃、かつペンタブは存在せず趣味のCGイラスト描くのにマウスでドットをぽちぽちやってた頃。もうぶちゃけX68000が現役だった頃w
 SCSI接続(!)のスキャナーが10台限定で10万未満で販売されてるのを発見。当時そのスキャナは20万くらいしたんだっけっかな?とりあえず破格の値段だったことは確か。
 でも約10万という金額はまだ学生だった私には大変重く。でも「スキャナなんて機械がこれからそんなに流行るとは思えん。こんな金額はこれが最後かもしれない」と思い切って購入。…その数年後にはUSB接続のスキャナがヘタすると1万切る価格で出るようになったわけです。
 まあもちろんその数年でそのスキャナは使い倒したので別に構わないのですが、今現在「流行るとは思えない」と言っても条件次第では覆る事もあるので油断ならないなぁ、というお話。ま、3Dプリンターで言えば「入力の容易化」「筐体の小型化」「材料の一般化」「余剰剤の減少化」「そもそも何作る気さ」とゆーハードルがあるからそう簡単ではないとは思いますけどね。
 

 それはそうとオリジナルパーツとか作るのに3Dプリンター欲しいよなぁw

関連タグ:3Dプリンタ
2013-05-24 [日記]



 『ねんがじょーおつくろーとおもーいまーして♪』
 …ってPIXUSじゃないじゃん!(セルフツッコミ)

 ほぼ年賀状印刷にしか使わないプリンタ。なのでここ数年特に新しくする気も起きずに数年前に購入した「PM-A850」を使い続けてきたのですが、給紙トレイの破損、紙送り機構の劣化に伴う紙詰まりの多発、USB限定のインターフェース、ムダにでかい等々…そろそろ替えても良いかなと思い続けて数年間。よーやく新しくする気になりました。とは言え特にコレといった希望があるわけでもなく、上記不満点が改善されてりゃなんでも良いや程度の意識で購入したのがPM-A850と同じくEPSON機「Colorio EP-805A」なのでした。

 まーぶちゃけ結論だけ言っちゃいますと上記不満点は全て解消されました。そらそうだよな、と冷静に思いつつもなかなか細かいレベルで進化しており技術革新は進んでるんだなぁと感心もしたり。コスパ高いなぁと。前面給紙トレイ型なのにもかかわらず紙やはがきが丸まらないところとか思いの外静かなところとか印刷そのものが速いとか。これまで年賀状印刷の度になんだかイライラしてたのがすっかり解消されて良かったですわ。

 …なのはいいのだが今見たら私が購入したときより更に値段下がってるじゃん…。まあ言ってみればシーズン製品みたいなもんだから仕方ないけどなぁ。むう。
関連タグ:プリンタEPSON
2012-12-31 [日記]