うーむ精度さえ一定量期待できればいちいち裁断せずにすむから結果的に楽になるよーにも思うが、A3対応というかむしろ逆に小さめで開き辛いコミックやら文庫本には弱そうだなぁ。

関連タグ:自炊スキャナ
2013-06-14 [アイテム]



 物々しいタイトルとはカンケーなく自炊のお話。
 「書籍を自炊しよう」とドキュメントスキャナ「ScanSnap S1500」とディスクカッター「DC-210N」 を購入したのは震災の4日前。「最近地震多いからまさかとは思うけど少し書籍を減らそう」とゆーのが理由の一端だったのは今となっては遅きに失するところである、のはどうでもいいw
 それから1年半以上経過したわけだが、実はそれほど自炊作業は進展していなかった。まあ一言で言えば「面倒」で片付く話ではあるが、その面倒と感じる最大の要因は「裁断の手間」であった。
 誤解のないよう予め言っておくが裁断機「DC-210N」は悪い品ではない。この価格帯で必要十分な機能を備えた実にコスパの高い製品と言える。
 言えるんだけど、そろそろ自炊化したのが300冊になろうかという数量の中、実はまだ1/5くらいにしか達してないよなーとか思うとさすがにコスパがどうこう言ってらんなくなってきた(苦笑)。一度に裁断できる枚数の少ない「DC-210N」では「まず本をいくつかに分割→そのあと各々裁断」とゆー手間を経由しないわけにはいかず、またその裁断自体も一発でスパっというわけには行かない。何冊かまとめて裁断しようと思うとそれなりに覚悟完了して望まないわけにはいかないのだった。そして結構疲れるし。

 さてだとするとどうしよう。まずは世の中どんな裁断機があるか改めて確認。中華裁断機でいくつか目立つところはあるけどぶちゃけ「買って満足」するとは到底思えずとりあえずスルー。そんな中目立ちすぎるほど目立っていたのが「ブック40」。そのお値段と機能は確かに魅力的であり一部では「自炊の新定番」とまで書かれたサイトがあった…のだが、
 「ぶちゃけステマくさい
 と身も蓋もなく感じたためこれもスルーw。こういう時安いのを買うと決して満足する結果にはならないのよね。「安物買いの銭失い」は半ば家訓と化している。
 そんなわけで、この際定番の中でもある意味高級品とも言える「PK-513LN」にしちゃえ!と思い立ったのが仕事の忙しかった先月頭当たり。…単にストレス発散だった可能性は否めないw

 さて結論から言うとさすがの高効率。厚めの本は2分割する必要はあるけど大体の書籍は一発でズバンと綺麗に切れる。裁断にかかる手間・速度は体感比でこれまでの3倍はカタい。上で「約300冊を自炊」と書いたけど実はそのうち100冊くらいはここ1ヶ月くらいで自炊したもの。如何に裁断にかかる作業比率、及びそれによって発生する精神的圧迫、つまりは面倒さがあったかとゆーことであるw

 そんなわけで割りと切るのが楽しくてずっばんずっばん切り落としてます。ええ、タイトルはそういうことですw



関連タグ:電子書籍自炊
2012-10-08 [日記]