身も蓋もない言い方をすれば、こういった子供の(※中学生は子供かという議論もあるだろうが、こういうマネして楽しんでるうちは子供である)若干の年齢差とそれに伴う身体的優位性の差から生まれる上下関係の発生、さらにその上下関係にともなういじめ的なものはむかーしから存在していてそう珍しいものではない。

 だがこういった「動画に撮影してアップ」という目的が付与されると話はまた違ってくる。旧来は本人の優越感という自己満足が目的(付随して金銭的な満足に繋がることもあろうが)だったものが、「いかに相手に惨めな行動をとらせるか」かつ「その映像を見た他者の反応を誘発させられるか」に移行していき、結果としてより残酷な手段をとることに繋がるのではないだろうか。動画がアップされる事自体がいじめられてる本人にしてみれば残酷な行為であることでもあるし。

 そして「子供」はその辺の事は理解していない。こういったツールの在り方を大人が良く把握し、きちんとした教育をする必要がある。…学校のICT教育は表面的な機能をさらうだけでなくそれに伴う心理的な動きも視野にいれて行う必要があるんじゃないだろうかとかなんとか。

関連タグ:動画
2012-05-24 [生活]