正式名称:ヴェイガニア・ル・トーラル・イド。
 古代ヴェイガン語で「ヴェイガンに伝わる緋の機神」を意味する。
 

 古代ヴェイガン史に「初代Xラウンダーが搭乗したMS」として記載されている「ORヴェルトール」(※便宜上の呼称。正式名称は不明)を現代の技術で複製を試みた純正レプリカである。
 

 そもそもの発端は古代ヴェイガン遺跡から高出力ジェネレータ「ゾハル」が休眠状態で発見されたことであった。EXA-DBの関与も示唆されているこのジェネレータ(※一部では複数存在するEXA-DBの1つそのものとも言われている)は調査の結果ORヴェルトールに搭載されているものとほぼ同一のものと判明したため、ORヴェルトールの再現が試みられる事となった。
 

 しかし、現在最高の技術をもってしてもこの高出力ジェネレータを御することは容易なことではなかった。具体的には余剰エネルギーのコントロールが困難であり、数分もすると機体全体が過負荷に耐え切れずオーバーロードしてしまうような有様だった。
 

 これを解決したのがXラウンダー能力によるエネルギー制御である。これは機体各所にジェネレータからのエネルギーを制御するコンデンサー並びにXトランスミッターを装備、オプション兵装である「ビット」を制御するのとほぼ同様の方式で機体内部のエネルギー制御、並びに機動制御を行うものである。
 

 しかしこの方式でも余剰エネルギーを完全には制御しきれないため、常時Xトランスミッターからエネルギーの解放が行われている。その副次的効果として機体表面へのエネルギーフィールドの展開、フィールドエミッションによる加速効果などを生み出しており、結果として本機はその膨大なエネルギーの殆どを想像を絶する近接格闘戦能力に転化することに成功している。
 

 しかしその代償として、本機に搭乗するパイロットのXラウンダー能力に異常をきたす例が報告されている。それは一般的なXラウンダー能力の暴走とは異なり、脳のX領域に「好戦的な2次人格」を形成してしまうというものであり、場合によっては主人格との交代もありうるという危険なものである。
 機体制御のため「ゾハル」のブラックボックスに直接触れていることが原因と言われているが、詳細は不明である。
 

 
---------------------------------------------------------------------------------

 ※上記内容はフィクションです。公式のAGE設定とは何の関係もないことをご了承下さい。またAGEしか知らない若い方は「この話には別の元ネタある」ことをお伝えしておきます。

 本サイトの名称「Id of Radiance」の大本の由来はこの「ヴェルトール・イド」だったりします。私、ヴェルトール・イドがとても好きでしてねぇ。「一番好きな人型メカを一つ挙げよ」と言われたら今でも「ヴェルトール・イド」と答えるくらいです。
 しかし誰が悪いのかは知りませんが世の中ゼノギアス系のプラモデルやらガレキやらはほっとんど見かけない始末。時々行われるコトブキヤの商品希望にもう何度「ヴェルトール・イド」って書いたかわかりゃしない(笑)。まあ基本的には大人の都合によるものだろーからダメ元以上の期待感はこっちももっちゃいないんですけどね。ケッ。

 無ければ自分で作るしかない。事実そーしてフルスクラッチしてる人とか時折見かける。でも自分にはフルスクラッチであんなん作る技術は無い。ならば既存のキットを改造するしかない………と、数年前から思い続けており、実はそれらしいキットを使ってなんどか試みていました。例えばリボーンズガンダム。例えばエンゲージSR1及びSR3。例えば武御雷(※実は今回フェイス部は武御雷のそれです)。例えばディスティニーガンダム…etc。とりあえずキットを買って素組するものの(※一部されてないものもあり)、そこから「ヴェルトール・イドのバランス」に辿りつけずに挫折する、という事を何度か繰り返して来ました。

 そんな折、AGE放映開始。
 ふむ?敵方MSが結構線が細くてそれっぽいかもしれないなぁ、とか思ってたところに「ゼイドラ」登場。おお、このバランスはイドっぽい。これならイケるかも!と思いゼイドラ購入。ところがそれとほぼ同時期に「ギラーガ」の存在をキャッチ。え、なにこれむしろコイツイドそのものじゃん!これはイドを作れとガイアが俺にささやいているに違いない!とゆーことで改造を視野にいれて2つ購入。
 そしてまずはギラーガを素組。確かにイドっぽい…が全体的なバランスを見るとイドっぽくない。むしろギラーガはファルシア等の女性型MSっぽいボディバランスなように思う。なので次はゼイドラを素組。これでもまだ足りない気がしたがギラーガよりはそれっぽいのでゼイドラをベースにギラーガパーツを移植する方向に。そして更に「イドと言えば長い足」とゆー持論の元、ガラッゾだがガデッサだかの余りである足パーツを移植。足の長さをゼイドラの実に1.5倍wくらいに延長。そこから更に数々の調整を施し、それっぽいパーツを移植し、時折プラ板・プラ棒・パテ等で微調整…して塗装して完成。とまあ一言でまとめましたがその間休止時期とかも含めて数ヶ月かかってるわけですが。でもまあ、やっとこ自分で納得できる「ヴェルトール・イドっぽいもの」ができたよーに思います。

 ちなみに最後まで悩んだのがクリアパーツを赤塗装するかしないか。よりイドっぽくするならば塗装したほうが良いわけですがせっかくクリアパーツなんだからそのままにしたい気もする。このパーツ色がせめて別の色だったら赤系のクリア塗装って手もあったんですがねぇ。元々が緑だと赤のクリアを塗るとくすんだ色になってしまう。
 最終的にはクリアパーツの緑をそのまま活かすことにしました。まあ「塗ろうと思えばいつでも塗れる」とゆー考えもあったわけですけどね。


 そんなこんなでひとまず私の野望wは達成されたわけですが、それでもやはりちゃんとした純正のプラモとか出て欲しいのが本音。最近けっこーゼノギアス系を自作する人を見かけまし、是非スクエニは心を広くもって版権とか下ろして欲しいものですと同時にメーカーも積極的に動いて欲しいと思う次第です。

 事象変異は強い思いが原動力。まずは強く願う事です。

参考:本作で流用した主なキット等
HG 1/144 ゼイドラ (機動戦士ガンダムAGE)
  そんなわけで本体はギラーガではなくゼイドラです。
HG 1/144 ギラーガ (機動戦士ガンダムAGE)
  とは言えギラーガも同じくらい使ってます。そして背面羽の都合上ギラーガは2キット使ってるので注意。
HG 1/144 GNZ-003 ガデッサ (機動戦士ガンダム00)
  足パーツを流用。なので同型のガラッゾ、ガッデスでも問題なし。お好きなモノを。
HG 1/144 AGE-1T ガンダムAGE-1 タイタス (機動戦士ガンダムAGE)
  どこに使ってんだ!とか思われそうですがw 頭部のベース、腰アーマーとかです。とは言え余ってたから使っただけ。
マブラヴ オルタネイティヴ 武御雷 Type-00R (ノンスケール プラスチックキット)
  フェイス部を流用。これは逆に以前からイドのためのベースとして確保してたもの。
 

2013-03-10 [ホビー]

 
ガンダムAGE-2 RS2-2 [レイディ・シルバー]
 
 

 AGE-2の特殊防御兵装ウェアである。
 
 

 ある宙域において多数の機体によるオールレンジエネルギー弾攻撃を繰り広げる正体不明の敵性勢力に遭遇したAGE-2。AGEビルダーが開発したエネルギー反射フィールドジェネレータによる対抗を試みたAGE-2だったが、その苛烈な攻撃に対しフィールドを維持するエネルギーが保たず、敗走を余儀なくされた。
 
 

 そこで次にAGEビルダーが開発したのは敵機の放つエネルギー弾と同質・同ベクトルのフィールドを展開し、相手のエネルギーをパススルーする特殊防御兵装ウェアである。相手のエネルギーを一部再利用するため理論上同質のエネルギー攻撃ではダメージを全く受けない。

 
 

 その一方相手のエネルギーの質を明確に把握、明示的にフィールドタイプを選択する必要があるため、パイロットには瞬間の判断と高い技量が求められる。なおフィールドの選択に伴い、おおまかに白、黒の2色の機体色への変化が確認されている。
 
 
 

なおエネルギーパススルーフィールドを形成できるのはストライダーフォーム時のみである。これはウィング状のベクトルコントローラと、背部フィールドジェネレータの位置関係によるもの。
 
 
 

 一方MSモードの場合、両肩のマルチバインダーの全機能を十全に使用できる。マルチバインダーはブースター、フィールドコントロールウィング、コンポジットシールド、ハイパードッズライフルにて構成され、機動・防御・攻撃などあらゆる局面においてフレキシブルに活躍する。
 
 
 

 なお本ウェア開発の要因となった敵勢力については最後まで正体が判明しなかった。また敵の中心的存在と思われる「石質状の物体」との戦闘中に本ウェアのフィールドジェネレータが謎の暴走をおこし、AGE-2本体部を残して敵勢力ごとウェアが消滅している。
 その際に何らかのトラブルがあったのか、「力の解放」という一語を除き、AGEデバイスからも本ウェアの記録は消滅している。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 以上、脳内妄想設定。
 そんなわけで「AGE-2のストライダーフォームを『斑鳩』の2P機『銀鶏』っぽくしたいよ」計画。「RS2-2」とは要するに「レイディアントシルバーガン・2の2号機」の意味です。ブキヤの銀鶏カッチョいいよね、早く欲しいよね。
 本作の最大の失敗は、銀鶏に近づけるべく色を白にすることが決まっていたにも関わらず特務隊仕様ではなくノーマルのAGE-2を使ってしまったところ(苦笑)。塗装に余計な手間をかけるハメになりました。
 なお同じ物をfgにも上げてますが、こちらに載せたのは一部金属パーツをつけたりミラーシール貼ったりと多少改修されたバージョンです。まあ自己満足のレベルですけどな。

参考:本作で流用したキット等
HG 1/144 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)
  当然ベース。AGE系全般に言えることですが、特にAGE-2は可変機の素体として凄まじく優秀です。
HG 1/144 GN-0000+GNR-010 ダブルオーライザー+GNソードIII (機動戦士ガンダム00)
  ウィング部に流用。そんならオーライザーでも良いような気がしますが、ダブルオー付属のシールドも用いているので。
HGUC 1/144 ORX-005 ギャプランTR-5 [フライルー] (ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに)
  変形時の機首部とかウィングの飾りとかに流用。まあ余ってたからというのが主な理由w
HG 1/144 RX-178 ガンダムMk-II (機動戦士Zガンダム)
  コンポジットシールドの接続部に本キットの肩パーツを流用。偶然にも肩、シールド双方のジョイントにマッチしたので。コレのおかげで可変を両立できている。今ならビルドガンダムMk-II の方が手に入れやすいかも(肩パーツが同型かは不明)。
HGFC 1/144 GF13-001NHII マスターガンダム&風雲再起 (機動武闘伝Gガンダム)
  背部ウィングにマスターのマントを流用。風雲再起は別の作に利用してますw
M.S.G モデリング・サポート・グッズシリーズ ウェポンユニット11 ブーメラン・サイズ(鎌)
  付属の「ロングソード」を機首ソード部に使用。

2012-07-23 [日記]

[注]:この作品は極めて個人的な趣味嗜好に基づく「俺ガン」です。当然公式設定とはまったくカンケーなく、将来ユニコ本編に登場する予定もプラモとして販売される予定もありません。
[注2]:2013.8にプラモとして限定発売された「3号機フェネクス」とも何の因果関係もありません(苦笑)。いずれ何らかの形で公式(あるいは公式に近い形)で3号機が出るだろーと予想してたので「その前に早い者勝ち」だったわけですが、思ったよりも遅かったですな。

 
 
○ユニコーンガンダム3号機フィンファンネル装備仕様機「ディナ・シィ」
 形式番号:RX-0-ν3

 ユニコーンガンダムの開発で得られたフルサイコフレーム等の技術を転用し、かつて連邦最強とすら呼ばれた名機「νガンダム」及びその発展機「Hi-νガンダム」を再設計した概念実証機。
 

 結果として設計基板の大半をユニコーンガンダムから得ているため型番上はRX-0シリーズの3号機という扱いになったが、この「3」には「νガンダムシリーズの3号機」という意味も込められている。
 上述したとおり基本設計はユニコーン及び2号機バンシィの設計データ、並びに運用データから得られた情報を元に行われ、更にνガンダムの特徴であるフィンファンネルを標準装備として組み込んでいる。
 

 なお、機体運用はデストロイモードのみとし、ユニコーンモードへの変形機能はオミットされている(これは下記のPFICPユニットの搭載も影響している)。
 


 最大の特徴は、背部の羽状ユニット「PFICPユニット」である。
 

 「PFICP」=「Psyco Field Inertial Compensate Propulsion(サイコフィールド慣性補正推進)」 は、サイコフレームにより発生するサイコフィールドの力場を、積極的に本体の慣性制御、推進力に利用することを試みたものである。
 サイコフィールドはその発生方法、発生理由すら不明な全くの未知のエネルギーではあるが、ミノフスキー物理学によるIフィールド制御技術を転用することで、ある程度任意に発生、制御することに成功したのがこのPFICPである。
 片側3枚、計6枚のサイコフレームの「羽」を共振させることで一定量以上のサイコフィールドが発生する。この仕組は経験則から得られたもので詳細な理論は不明だが、その発生プロセスが「鈴虫の羽」を連想させ、またこの「鈴」がサイコフィールド現象と深く関わってきた連邦部隊「ロンド・ベル」を想起させることから「ロンド・ベル・エフェクト(LBE)」と呼ばれる。

 

 発生したサイコフィールドは任意の慣性制御を可能とする。その出力は一定ではないため主推進としての利用は困難だが、元々ユニコーンは強力な推進機構を持つため、PFICPを併用することでより機体に負担をかけずに高機動を実現することができる。
 これはパイロットにとっても同様である。高機動に伴い発生するGが相当量緩和されるため、リミッターとしての「ユニコーンモード」、及びコクピットの対G薬剤投与機能がオミットされている。
 一方で変形機構に必要なスペースが空いたため搭載するサイコフレームが増量されていると共に、サイコフィールドの制御、稼働ログ蓄積及び解析などを行うバイオコンピュータがコクピットに新たに搭載されている。バイオコンピュータはサイコミュと連携して稼動し、サイコフィールドの発生状況を刻々と記録・解析・学習・最適化することでPFICPの完成を目指す。
 この慣性制御機能は地球重力下でも有効で、反重力的な揚力効果を得ての飛行が可能となっている。同時に、脱出速度未満での大気圏離脱も可能となっている。
 

 なおこのユニットはファンネルラックを兼ねており、6本中4本のフィンファンネルを牽引する(2本は本体腰部に牽引)。この場合、フィンファンネルのサイコフィールド拡張機能(後述)を本体が直接利用することも可能となる。
 

 フィンファンネルはν、Hi-νに搭載されたものから改修が加えられており、それ自体にサイコフレームが搭載され、本体が放出するサイコフィールドを拡張する機能を備える。これは前述のLBEをファンネルを通じて広範囲に発生・制御するためのものである。
 これにより、サイコフィールドをより強固・広範囲な防御フィールドとして形成したり、円環状に配置することで不可視の大型メガ粒子加速器を生成、大型のメガ粒子砲と化すなどの応用が可能となっている。(後者の粒子砲形成は、1号機がコロニーレーザーを防いだ状況の逆の効果をシステム化したものと言える)
 

 その他の武装はダブルビームショットライフル兼ビームハルバード及びIフィールド&ビームガトリング砲付き大型カイトシールド。
 

 ビームハルバードはフルアーマープランで提示されたハイパービームジャベリンをビームライフルに組み込んだもの。
 


 大型カイトシールドは曲率させたIフィールドを展開することでよりビーム耐弾性を高めている。またビームガトリング砲は鹵獲したビームガトリングを元に小型化して搭載されたもの。なおIフィールドとビームガトリングの併用は不可。
 

 なおサイコフレームの発光色は通常時は1号機と同等の赤、最大効果時にはユニコーン、バンシィのそれと同じく緑に変わる事が確認されている。この緑が何を意味するのかはサイコフレーム最大の謎と言われているが、機体名の由来である妖精「ディナ・シィ」は、緑の外套を羽織た騎士の外見をしていると言われている。

 
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 
 以上、脳内妄想設定終わりw
 少し前から「時々プラモ作ってる」的な話をちらほらしてまして、いずれ本サイトのCGギャラリーにも掲載するつもりでいたわけで、前準備というか試みにというか模型等のファンサイト「fg」に登録してしばらく掲載してたりしたのですが、fgリニューアルに伴うサイト停止が「予想通り」延びたこともあり、かつ、ちと本サイトの在り方的なところも模索しておりまして、ギャラリーの情報もブログとして統合しようかなぁ、とか思い始めたのを期に、じゃあまず手始めに作ったプラモを掲載してみようかな、と。

 とは言えお見せできるほど完成したプラモって実はまだコレくらいなんですよね(苦笑)。プラモを作り始めた(※まあ小学生の時は作ってましたが)のはここ数年くらいで、他の諸々の合間にやってるのでさっぱり進まない上に腕も上がらない。しかも私、なんかそのまま作れない(※精神的に)タイプの人間で、ついこー改造したくなるというか、むしろ改造案が浮かんだキットを買ってるというか。 改造案だけは10~20あるんだけど全然先に進まない。誰か代わりに作って欲しいくらいだ(苦笑)。せめて仕上げと塗装だけでも。

 それはともかく。
 見たとおりこのユニコ3号機は「ユニコ+フィン・ファンネル」なわけですが、元々のコンセプトはそこではなく「Hi-νのファンネルラックを自分好みにしたかった」のが始まりだったりします。どうもHGUCHi-νのファンネルラックが好きになれず、かと言って過去ガレキのよーなのもピンとこない。
 イメージしたのは「ヴェルトール・イドの背部電磁波放熱ユニット」。なんかアレっぽくできないかと、パチ組みしてたユニコの盾からパーツを流用してるうちにこのラック形状になり、ああ、そんならむしろユニコにくっつけた方が似合うかもとなり、じゃあいっそフィンファンネル装備状態はゼノギアスっぽいのを目指してみよう、とゆー流れだったのです。
 またせっかくだからここで少し勉強しとこうと、fgの色んな作例を参考に、スジボリやらボリュームアップやら細かい工作にも着手。まあ色々始めてだったので工作精度は高くないですがおかげで色んな事が分かりました。

 今後も、手は超遅いながらも、こーいった改造作中心に上げてきたいと思います。

参考:本作で用いた主なキット等
HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード (機動戦士ガンダムUC)
  当然ベースとなったキット。お好みで緑フレームでも可。
MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム (機動戦士ガンダムUC)
  1/100のパーツを流用してボリュームアップを図っています。まあ震災で壊れた素組キットですが。
HGUC 1/144 RX-93-ν2 Hi-νガンダム (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
  ユニコよりむしろこっちがスタートでした。流用したのは主にファンネルラック。
HGUC 1/144 RX-93 νガンダム (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
  ファンネルは実は純正νから。Hi-νのフィンファンネルは稼働するのが2つだけな上にサイズが若干小さいので。
ネオジム磁石丸形 3-1.5 (MGN3015)
  ファンネルラックとファンネルの接続に使ってます。
2012-03-24 [ホビー]