ふむ、ちょっと興味。
 現状の私の視聴環境であるところの「Dr.Dac2.DXをUSB-DAC並びにヘッドフォンアンプ、CORE-A55をアンプ並びにスピーカー出力として使用」を、ある意味統一したような環境と言えるでしょか。

 記事中にもある通り複数機器を揃えるとDACが重複するのがなんとなくもったいない…がまあそんなわけで今のウチの環境もそうだからなーw 見た目が統一されるだけでも価値はあるかもしれない。
 後は純粋に音質の問題か。スピーカーはCORE-A55純正より性能よさげに見えるが、DACまで含めた総合的なものはさすがにわからんなー。特にDr.Dac2.DXはオペアンプ交換してるから比較がより難しい。

関連タグ:スピーカーDAC
2012-03-13 [音楽]