備忘。

 しかしコレ入手したら自然と3Dプリンタも持たないとあんま意味ないよなぁw

関連タグ:3D
2016-03-09 [アイテム]

 はははふざけんなー

関連タグ:3D
2014-05-09 [政治]

 さて私は周知の通りwガンプラビルダーなわけで、作品としてはアレだけどもプラモの流用性が高かったAGE、先日円満最終回を迎えつつ是非2期をと望んでいるガンダムビルドファイターズの影響などもあってか、ここ最近のガンプラ、特にオリジナル改造ガンプラの制作がその筋では活発なよーに思います。特にビルドファイターズの流れで発売されたブースター系と各種パワーアップパーツの存在が、オリジナル改造ガンプラの敷居を低くしているのだろうと思います。いいことです。

 …いいことなんですが、なんかバランスも考えずにゴテゴテパーツをつけるだけの改造が横行してる弊害もあるよーに思います。もちろん本人が楽しい事が前提なので、また本人としてはバランスを考えてそうなった結果であることは想像に難くないので、あるいは意図的にバランスを崩してる可能性もあるので、決してそれを否定するわけではない、というか否定すると自分のレーゾンデートル的な何かに影響するのでできるわけがないwのですが、とは言え安易な手法ばかり幅を利かすようだと「ガンプラの改造なんてこんなもんか」と、せっかく盛り上がったブームが収縮してしまう恐れもあるんじゃないかなぁと思うわけです。
 まあアレです。セイ君ほどとは言わないまでも、改造のポイントとなる重要なパーツは自分である程度改造し、一見ベースがなんだかわからないくらいにしたいなぁと。

 話が長くなりましたが、よーするに「そろそろ3Dプリンタも真面目に考えるかな」と思い始めてるわけです。
関連タグ:3Dプリンタ
2014-04-08 [アイテム]

 へー。むしろ3Dプリンタよりも需要はありそうな気がするが。
関連タグ:3Dスキャナ
2013-11-20 [アイテム]

 むう、結構スマートだな。塗装ブースの隣辺りだったら違和感なさそうだ。値段的にも…まあ頑張れば…。もう一声かなー…。
関連タグ:3Dプリンタ
2013-08-20 [アイテム]

 うーむこの「これくらいならギリギリ許容範囲かな」と思わせる絶妙なお値段感w
 とりあえずもーちょい検討するw
関連タグ:3Dプリンタ
2013-07-08 [ハードウェア]

 まあそうね(苦笑)。
 確かに最近価格が急落したせいかにわかに話題になってて会社の偉いさんの中にも訳知り顔(ドヤ顔とも言う)で「これから間違いなく(口癖)流行る」的に言ってる人もおりますが、私みたいに曲がりなりにもプラモとかを趣味としてる人間にしてみればある程度の有用性があるものの、さてコレが通常のプリンター同様一般(業界含む)に広まる要素があるかとゆーと疑問ではありますね。

 とは言え。
 以前今ほど画像取り込み機器…つまりスキャナーが一般的で無かった頃、かつペンタブは存在せず趣味のCGイラスト描くのにマウスでドットをぽちぽちやってた頃。もうぶちゃけX68000が現役だった頃w
 SCSI接続(!)のスキャナーが10台限定で10万未満で販売されてるのを発見。当時そのスキャナは20万くらいしたんだっけっかな?とりあえず破格の値段だったことは確か。
 でも約10万という金額はまだ学生だった私には大変重く。でも「スキャナなんて機械がこれからそんなに流行るとは思えん。こんな金額はこれが最後かもしれない」と思い切って購入。…その数年後にはUSB接続のスキャナがヘタすると1万切る価格で出るようになったわけです。
 まあもちろんその数年でそのスキャナは使い倒したので別に構わないのですが、今現在「流行るとは思えない」と言っても条件次第では覆る事もあるので油断ならないなぁ、というお話。ま、3Dプリンターで言えば「入力の容易化」「筐体の小型化」「材料の一般化」「余剰剤の減少化」「そもそも何作る気さ」とゆーハードルがあるからそう簡単ではないとは思いますけどね。
 

 それはそうとオリジナルパーツとか作るのに3Dプリンター欲しいよなぁw

関連タグ:3Dプリンタ
2013-05-24 [日記]

 ふーむせめてこの半額くらいであれば…。
関連タグ:3Dフィギュア
2012-05-24 [アイテム]


 これまでのあらすじ:
 「個人ユース向けの映像機器として期待されつつも、その価格、及び価格に見合う性能か微妙な点でイマイチな印象が先行していたヘッドマウントディスプレイ(以下HMD)。しかしそのHMDに1つの革命児が姿を現す。準HD表示可能な有機ELを搭載、3D表示可能にも関わらずそこそこ控えめな価格設定。その名は『HMZ-T1』!」

 …その発表直後から、この手の機器には非常に珍しいことにほぼ映像に対する絶賛しか聞こえてこなかったHMZ-T1。元々HMDには興味があってグラストロンを購入したこともある(かつ押入れに眠っているw)身としてはヒジョーに興味深いところ。が、しかしちょっと躊躇してるうちにすっかり初回販売分は予約締切となり、仕方なく12月出荷分の予約を入れたのが9月後半。その後品薄はずんどこ加速。12月に来るならまだマシな方かと思いつつもなかなか出荷されず、そろそろシビレを切らしかねないところまで来た12/20頃、ようやく店舗入荷予定のお知らせが届き、実にクリスマスイブに届いた次第。気ィきかせたつもりかと。


 まあ届いたのは届かないよりかずっと良い、ということで早速開梱。
 箱が大きめ大きめ言われてたけど別にそんなことなくね?この手のアイテムとしてはフツーのサイズかと思った。
 内容物はマウントする本体、映像ユニット、ケーブル等シンプルなモノ。接続もHDMI一択なので迷うこともなく、またユニット~本体間のケーブルは十分に長いのでよほど変な環境でなければ取り回しに困ることはないと思われる。

 特にマニュアルとか読まずノリで操作開始。装着は勘でなんとでもなるかと。電源を入れると簡単に調整手順が毎回表示されるので悩まないだろうし。ただ、私の頭部だと色々とマッチしない部分がありそう。調整はもーちょっと考えた方が良いかもしれない。
 特にレンズ部の位置を左右とも左右にスライドして調節できるのだが、私の目だと最外部よりもー少し開きたかった。
 で、その起動時の調整。事前情報通りスイートスポットはそれなりに狭い。そしてマッチしたところを維持するのが少々大変。付属の額ガード?やらを駆使して自分に適当なところを頑張って探すべきでしょう。
 逆に、そのためにこの機器を複数人で使いまわすのは若干難があるのかもしれない。

 さて映像。なお今回はPS3からの直接続としてます。そこからリダイレクトさせてHDMI切替器に接続する予定。少し試した後、逆にHDMI切替器からの出力を接続してみる予定。

 PS3メニュー画面。まずここでスポットが外れてるようなので調整するw 調整があえばキレイなメニュー画面が表示される。うむ、確かにこれまでのHMDとは一線どころか数線を画す映像と言えよう。

 さて早速最大のウリとも言える3D画像を試すべく、ミクドリーミーシアター2を起動するw
 …起動するが、画面がブラックアウトして映らない。仕方なくPS3を再起動。再びミクDT2起動。今度はソフトのアップデート画面が表示されたのでアップデート実行。…アップデート後またブラックアウト。なので今度はHMD側の電源OnOffしたところ、ミクDT2のタイトル画面が表示。どうも画面切り替え時の認識に戸惑う事があるようだ。まあHDMI機器では時折あることだけどね。基本的にHMD側の電源OnOffでよいでしょう。
 早速3Dを見るために3D設定で「ロミシン」PV起動。………おおー、3Dだw 当然のことながらクロストークは無し。スポットさえ的確なら実にそれっぽい3Dミクが堪能できる。というか、ミクより背景の3Dっぽさが際立って、逆に各レイヤーが紙芝居的に見えるw ロミシンだと城の背後の夜景のクッキリ感が強い感じ。なんにせよ、軽めのミクライブを見ている感じだ。
 ついでに2Dでゲームもプレイしてみる。映像が期待してた以上にくっきりしてる(フルHDのディスプレイと比較してもさほど遜色ない、とゆーか部分的には勝ってる)ので意外とプレイも問題ない。が、スポットがずれやすいのでちょっと困ったところもあり。良くも悪くもスポット次第。

 次に、3Dゲームを試すべく「WipE Out HD」を起動。こちらもアップデートが実行されるも、今度は無事タイトル画面まで遷移。
 …おーおー、コイツはタイトルからして3D対応かぁ。浮き上がった選択画面のフューチャー感がパなくて萌えるw 
 そしてテキトーなマシンを選んでプレイ開始。…そして最初の大きめのコーナーでプレイ挫折w や、この3D感からくるハンパない擬似浮遊感は元々3D酔いしやすい人には致命的と言えよう。いやホントに。あまりに危険を感じたので勢いHMDを外したくらいDeathよ。
 …まあ慣れれば少しは違うのかもしれないけど、少なくとも3D酔いしやすいとゆー自覚のある人は十分覚悟してからやった方がよいでしょう。逆に、その辺を苦手としない人には数段違ったプレイ感覚が味わえることでしょう。


 挙動がシンプルなだけにSonyにありがちなソフトの微妙感もなく(苦笑)、純粋にハードの質の良さが堪能できるアイテム。ポイントはスイートスポット調整の難しさと3Dをどんだけ楽しめる体質か、だろうか。スイートスポットについてはそのうちサードパーティ製の補助アイテムとか出るんじゃないかとか推察。

 そんなわけで需要は順調に伸びており品薄状態に拍車がかかってる様子。注文してまだの人はwktkしつつメディアを用意して待つとよいでしょうw
2011-12-27 [映像]




 「PC用の液晶ディスプレイを変えよう」。と思ったそもそもの要因は今年のトレンドの1つ「節電」のためであった。
 わたしゃそれまでPC用のディスプレイとして37インチのREGZAを用いていた。HDMIが主流となる昨今液晶テレビのほーが手っ取り早く大画面が実現できるよなー、というノリだったわけだが、さて冷静に消費電力を見てみるとさすが大きめの液晶テレビは消費電力が100Wを軽く超える。そこでPCを省電力型に変えるのと同じにディスプレイもサブの21インチディスプレイで賄うことにした。
 したのだが、さすがに37→21の画面縮小はいかんともしがたい。距離が違うので実質的にはそこまでの差はないのだが、それでもちょっと離れたところに設置していたため見づらさは否めなかった。
 また、それらとは直接関係はないが、流行りの「3D」にも若干の興味が出てきた。より具体的に言えば初音ミクドリーミーシアター2の、PV3D表示に興味が出てきてたわけだったがw

 そんなこんなで「比較的省電力で」「比較的大画面で」「3D対応」のディスプレイないかなー、と軽く探したところ、当時ほぼ唯一条件にマッチしたのが「Samsung S27A950D」。グレア型なのがアレではあったもののフィルタを貼ることで低減できるとの噂も耳にしたので、まあ後は買ってから考える、とゆー事でポチり。ちなみにNTT-Xで期間限定で割引されてたモノ。ちなみにREGZAはリビングに移動。

 …とゆーのが実は8月頭の話。
 なぜ今まで話をしなかったかとゆーと、実は8月末に故障して1ヶ月ほど修理に出してたからなのだった(苦笑)。
 症状は「画面の左半分のバックライトが点灯しない」とゆーもの。全く見えないわけではないのと仕事で忙しかったのがあって数日そのままで回復を期待したが、結局ダメだったのでメーカー修理に。「初期不良じゃね?」とゆーこちらの意見はスルーされた結果(苦笑)。
 で、修理に出してから3週間、なんの音沙汰もナシ。「どーなってんのさ」と尋ねたところ 「症状は確認したけどパーツがないよ。仕方ないから新品交換するので入荷待ち」との返答が。更に2週間ほど経過した10/8にやっとこ交換品が到着。とりあえず1ヶ月間ほど様子見して今に至る…といったカンジ。

 そんなわけでやっとこ批評ができる状態になったわけで。
 ちょっと独特な形状は珍しもの好きには良いだろう。ちなみにディスプレイ部とスタンド部の分離は不可。VESAマウントとかもないのでアームや壁取り付けも不可なので注意。
 接続もDVIとHDMIがあるので最近のデジタル中心なら問題はないだろう。複数接続したい人はセレクタが必要だが。
 また、あくまでPCディスプレイなのでスピーカーが無い点は要注意。HDMIの音源はヘッドフォン出力で外部に出すことになる。その一方、本体の設定で「音量」がある。外部スピーカーに出力してもやけに音が小さいなーとか思うとこの値が低い事があるので要注意。
 さて肝心の画質。27インチとゆー画面サイズはPCディスプレイとしては大きめの方。グレア、LEDバックライトとも相まって表示は中々キレイ。 応答速度も十分。ちなみに速度設定が3段階あるのだが「高速」と「超高速」の違いが分からない(苦笑)。

 さて次に3D話。3D機能については「ちと試したかった」「まあ対応出来るのを持っとくのもアリだよね」程度なので深くは期待していないのが前提。
 その前に3D表示条件が「HDMI1.4以上」なので、ケーブルを対応ケーブルに変更。またそれまで使ってたHDMIセレクタが1.2まで対応だったので、「1.3だけど3D対応」を謳っている「HD-42V3SW」に変更。
 表示方式はいわゆるアクティブシャッター方式。専用メガネが必要なタイプ(まあ世の中大半はそうだが)。メガネはディスプレイと連動する必要があるためBluetoothかなんかでペアリングしている様子。最初、そのペアリングが上手く行かなくてちと苦労した。そしてメガネの質感はあまり高くない(苦笑)。
 さて、ここでミクの3DPVを試聴。
 確かに立体的に見える。そしてアクティブシャッター方式の宿命であるところのクロストークもそれなりに気になる。特にアップになると目立つねー。PV試聴するだけならともかくもしプレイも可能だとしたら結構辛かったかもしれない。


 …と言ったところ。まあ個人的にはおまけで3D機能のあるPCディスプレイと認識してる。PCディスプレイとしての性能は十分高い。ただしグレア注意だが。
 そして気になるのが1ヶ月でバックライトが故障したとゆー相変わらずのSamsung品質。以前もSamsungの液晶で故障あったんだよなー。とゆーか正確に言えば今まで故障を経験した液晶は全てSamsung製なんだよなー。まー今のところ問題ないのでしばらく様子見。

2011-11-03 [アイテム]

フィギュア型デバイスの発売時期や価格は未定だが、一般ユーザーの手に届きやすいものにする。「企業が研究用に買うような価格にはしない」(相馬氏)とのことだった。

 それは頼もしい。多少高いくらいだったら手を出す気アリアリだったので続報に期待。
関連タグ:3Dフィギュア
2011-09-09 [技術]