「『Google使えNEEEEE』って言える俺かっけー」的なニュアンスしか感じない機能内容。メガネ型で物理線とかマジありえない。形状的にも「老眼鏡の進化型」とゆーイメージ。
 …これからの高齢者社会にはそっち方向目指した方がいいのではとも思う。

関連タグ:東芝
2014-10-07 [日記]

 ふむ、2週間駆動はなかなか魅力的。

 さて今身につけてるSonyのSmartband SWR10はだいたい4日くらい。結構頻繁に充電してるイメージ。そして未だに「スマートウェイクアップの曜日判定がずれてる」とゆー不具合に対応しやがらない。Sonyに問い合わせたら「ソニモバに聞け」ってたらい回しされた挙句ソニモバは電話での問い合わせにしか対応してない。できるだけ問い合わせを避けるためだろうが、こんなことやってるうちはいくら不良事業を分離したところでSonyの復活はないだろうな。

2014-08-11 [アイテム]

ユーザとしては歓迎すべき判決......というか「ですよね」という感じでしょう。

ですよね。
関連タグ:東芝訴訟
2011-12-22 [日記]

 …もはやF-T系列には不信感しか感じないんだが、今回もまたやらかしたりしないだろうなぁ…?
2011-12-14 [モバイル]

 メインがau使いの身としては「ま た R E G Z A か」とゆーのが正直な感想。つまりIS04の悲劇再び…とゆーわけだが、なんだこりゃ再びどころか悪化してないか?
主戦場がスマフォに移行する中、ガラケーの時以上にソフトの開発力、特色が如実に現れやすくなっているが、その意味ではT系列の信用度は相当低くなった感じ。開発元である富士通東芝モバイルの体制的な話もあるようで、今後はFベースの端末になるとの話もあるが…さてねぇ。

追記:このT-01Dは「T」の名、及びREGZAの名を冠しつつも富士通開発だったらしい。ホントかよ。なおさらイミフだ。
2011-11-19 [モバイル]

 ところで今年の震災で逆切れして(?)買ったものの1つにルンバがあります。一番安いヤツですが、清掃能力は期待値以上で十分な性能を発揮してる一方で、掃除するエリアをある程度確保しないと使えないので床にぱらぱらとモノを置きやすい私の生活リズム的に「まず片付けてから」とゆー処理が入り、「定期的にルンバを稼働させていつもお部屋クリーン!」的な理想環境には辿り着けておりません(苦笑)。

 また、ルンバに限らずこの手のお掃除ロボットは「床」しか掃除できません。一般的な掃除機を使って掃除をしてる際にふと気づいて本棚とか段差を掃除、みたいなマネは、ルンバ以外の方法で意識してやらないと総スルー方向になる恐れがあります。
 まあそーゆー事態も想定した上でダイソンの小型充電式サイクロン掃除機も一緒に買ったりしたわけなんですけど。
関連タグ:ロボット東芝
2011-08-25 [生活]