毎日あちーですね!

 …とまあハイテンションに初めてみたところで状況は改善するでもなく。
 私の部屋は1戸建ての2階。周囲に日を遮るようなものもなく1日中太陽の光を浴びる上に、平屋の隣家の照り返しも受けて、夏は例え猛暑日とかつかなくても猛暑日相当。日中はエアコンをフル稼働させても30℃を下回ることはなく(まあこれはエアコンの性能にもよるのだが)、まーよーするにやってられなかったワケです。
 以前は近くに高い木があったり隣家がなかったりでまた状況違ったんですけどねー。元々家の作りが古くて避暑的な能力に欠けてるとゆーのもあるわけですが。

 いずれ家を建て替える計画もあるのでその時は対策を施すのは当然として、今現状で可能な暑さ対策とゆーものを検討するわけですが、大雑把には以下の3つが出てきます。

 1.もーとにかく強引に冷やす。
 2.熱を逃がす。
 3.熱を受けなくする。

 1。もともと西日どころか東日も南日も当たる部屋なので、本来エアコンは指定畳数よりも1ランク上のモノを選択する必要があるハズ。にも関わらず部屋のエアコンはむしろ畳数より少なめ。「無いよりマシだろう」「以前はそんなに暑くなかった」といくつか理由はあるものの、とにかく今となっては役者不足なのは否めない。それなりに年数経ってるものでもあるし、この際交換もアリかなと。
 ただ昨今の電力事情やらエアコンを交換するとなるとその下の機械類をなんとかしないといけないとかあるので、とりあえずは保留。

 2。暑い時はあちこち暑いわけですが、特に、肌の感覚的に暑さを感じるのが上方、すなわち「天井裏」。太陽光で熱せられた2階の屋根から天井裏に熱が入り込み、いわゆる輻射熱を発生させてる感じ。遠赤外線ヒーターで熱せられてるカンジと言えばなんとなく伝わるかと。この熱はワリと長いコト残り冷房効率を悪化させてるのがわかる。
 そこで天井裏換気扇を設置して空気を循環させて熱の滞留を防いでみてはどーかとゆーのが2。問題は、ちゃんとやるなら業者を呼ばなきゃいけないので面倒とゆーのと、効果の程が不明なところ。もちろん原因はある程度除かれるだろうけれども、機器の出力と設置方法、及びエアフローで効果が大きく変わると予想されるものだけに、必要なコストを見きれなかった、とゆーのが不安材料で、これも保留。

 そして3。ではそもそも天井裏まで熱が来ないよーにはできないか。屋根が吸収する熱量を抑える事ができればそれなりに抑えることもできるのではないだろか、と。
 最近は窓際では緑のカーテンやら葦簾やらがエコ的にも人気ですが、さすがに屋根にそれをやるわけにもいかない。また本格的な断熱材の導入はそれこそ大掛かりなので今の家でやる気にはなれない。簡単にできそうなのは塗装。なんか熱を受けない塗料とかないかなぁ、とか思って軽く調べると「遮熱塗料」なるものがフツーに市販されてるのを発見。とくに赤外線を反射する能力が高いらしい。キャッチコピー的には「表面温度が3~15℃下がる!」とのことで、表面温度がそれだけ下がれば内部に伝わる熱もそれなりに改善できるのではないかと推察。フツーのペンキと同じやり方で塗装できるようだし、コレならDIYでやり切れるのではないかと。コスト的にも他の方法と比べて「お試し」と割り切れる。

 とゆーわけで2階の屋根に遮熱塗料による塗装を敢行するすることに。購入したのは以下の2つ、とローラー等の塗装道具いくつか。


 「シーラー」は下地塗装。まあいわゆるサフですな!(笑) や、まあサフの目的と違って傷埋めや下地隠蔽したいわけではないので単純にペンキそのものの食いつきを良くするのが主な目的であり、必須のモノではないようですが、これ自体が遮熱効果を高める機能もあるようなので、今回は万全を期して使用することに。
 ペンキそのものは元々の屋根の色に近い「スレートブラック」。どうも色で遮熱能力が異なるらしく、ブラックはあまり遮熱能力高くないのかなとゆー気がしたが、一番遮熱効果が低いのは「赤さび」らしい。色を選択する余地があるなら極力遮熱効果が高い色を選択すると良いと思います。
 ちなみにスレートブラックは一見すると「濃い緑」ですが、指定通りに2度塗りするとちゃんと黒に見えます。あ、この塗料どの種類でも「2度塗り前提」だそうです。まあペンキをちゃんと塗ろうとする人は2度塗りするとは思いますが。
 容量的には「5L」と「10L」ありますが、途中で無くなると悲惨かと思ったので10Lを購入しました。2度塗りもするしね。結果、「14畳+αの部屋、に対する屋根」で少し余った程度。予想通り5Lでは間に合いませんでした。まあ塗装方法や技術にもよるかもしれません。

 さてでは実際の塗装話。
 屋根はコロニアル。数年前に瓦から総入れ替えしたワケですが、そのおかげか震災でも屋根の被害はありませんでした。
 そして2階の屋根へ。…1階の屋根は2階のベランダから簡単に移動できるのですが2階はそうもいかない。あまりバランスの良くない1階の屋根にはしごをかけて登るわけですが、ぶちゃけチョー怖いです。このタイミングで余震きたらマジ死ねる的に。実際、作業途中で降りた直後に震度3とかあったし。まあこの辺は賭け的な自己責任で(苦笑)。

 まずはシーラー。サフとは違うので(笑)ワリとテキトーにローラーでがーっと塗装。コロニアルの段差は、あくまで下地塗装と割りきってそれほど神経質には対処しませんでした。それでもそれなりの広さを塗りきるのに1,2時間ほどかかり、ここで一度昼食休憩。

 午後から本塗。ところで当日は曇天。曇天ながら、かつ午前中ながらも2階の屋根はそれなりの熱を持っており、結構足裏が暑くなったワケですが、午後にシーラーを塗ったところとそうでないところを触り比べたところ、明らかにシーラー塗った箇所の温度が低い。シーラーの色は白なのでそのせいもあるかもしれず、でも明らかな効果が確認できたのでモチベ上げつつ塗装開始。

 本塗は仕上がりを意識しないわけにも行かないのでそれなりに丁寧に実施。ただ2度塗りするので、1度目はある程度妥協しましたが(苦笑)。特に段差の部分はローラーでは塗りきれないので2度塗りの際にハケを使って対処することに。

 初日は1度目の塗装で時間切れ。乾燥時間は3時間程度なので夜には実用可能状態に。実はその後雨が降ったのですが特に溶けるなどとゆーこともなく、実はそのまま数日経過。

 2度塗りは数日後。その翌日からしばらく雨が続きそうだったので急遽年休をとって対応することに(苦笑)。
 2度塗りなので、そこまで塗られているところは多少アバウトに行いつつ、一方で段差の残りは丁寧にハケ塗り。…本来であれば段差部分を最初にハケ塗りするのが正しいやり方なんでしょうけどね。いや最初は時間が読めなかったので。
 さすがに2度塗りすると表面がとても美しく仕上がる。1度目だと、遠目にはわからないけども近くでみるとちょっとがっかりするよーな仕上がりだったからね。まあ2階の屋根を間近で見る機会なんてそんなにないし、近くに見られるような建物もないし。
 2度塗りはそんなわけで多少丁寧にやったので1度目よりは時間がかかった、が、それまでの経験効果で少しは効率的に行なえたハズ。


 …とゆーのが3週間ほど前の話(笑)。
 梅雨の間もそれなりに暑かった一方で、部屋の気温、及び天井裏の温度は以前よりも下がったよーに感じる。
 そして梅雨明けて夏本番になったここ数日。厳密に外の気温とかと比較してるわけではないので確実には言えないが、以前の気温よりも3~4℃落ちている。なにより体感温度が下がった・・・・とゆーか、これまでどんなに部屋を冷やしていても感じていた「どこからか遠赤外線でじわじわ熱せられたカンジ」が相当薄くなった。

 まー、元々がハンパなく暑いシチュなので「これでエアコン無しでも涼しー!」とかいう状況ではありません。あくまで低減効果があった、という話。
 でも体感的にはかなーり楽になりました。他の方法と併用すればさらに効果が得られるだろうし、ここでエアコン交換すればその効果も十分に発揮できると思われます。


 さて。
 今回対応したのはそんなわけで「2階の屋根」のみ。他にもベランダの真下にあるトタン屋根とか、2階の壁面やらが太陽光を直接受けるので、塗装時の遮熱効果が期待できるハズ。販売元のアサヒペイントも「おうちまるごと赤外線反射」とかを謳い文句にしてるし、まずは壁面あたりから手を出してみるかなとか画策なう。

関連タグ:家屋暑さ対策
2011-07-11 [日記]