暴挙でありつつ、楽天らしい暴挙であるとは思う。しかも「お客様に~」とか色々言ってるがぶちゃけ客に対するメリットはほぼ皆無で、単に自社(楽天銀行)の取り扱い増加を狙ってるだけだろうしなぁ。

 最近はこの手の複数サービス抱え込み&連動を目論んでるところが多い。似た存在で言えばauとじぶん銀行とau Walletの兼ね合いとか。

 まあ楽天はこないだのセール時詐欺といい他にも問題多いような気がする。きっとこの施策も強行するか、あるいは撤回したとしても楽天銀行使わないところにペナルティがあるとかやってきそう。これはこれで一種のハラスメント化しそう。

関連タグ:楽天
2014-11-20 [ビジネス]

 私も同時期に色々買ってました。まあ元々買う予定のものを尼とかと比較しながらだったし特にそれっぽいのには当たらなかったので実害は無いと思いますが。

 で、店舗名公表無しですか。それじゃダメですな。やる所はまたやると思いますよ。コレに限らず店舗の評価レビューをよーく見れば発送遅延であるとか商品の間違いであるとか商品そのものに問題があるとかを発生させてるところは何年間も(もちろん常にとゆーわけではなく比較的高い割合でだが)同じことを繰り返してるのが分かりますって。
 消費者にとっての自衛はそーゆー店舗を避けることしかないんではっきりと提示して欲しいですな。ま、提示したらしたで会社名変えてまた出てくる可能性が高い(とゆか楽天はベースが同じで別名の会社が多すぎる)わけなので、むしろ前面に出すべきは店舗責任者名かもしれないが。

関連タグ:楽天偽装
2013-11-12 [日記]

 今年は9/16が敬老の日でした。
 関係ある方ない方いろいろいらっしゃるかと思いますが、私はというと唯一残った祖母に楽天の某ショップ(「おしゃれギ○ト グラッチェ」とかなんとか)の商品を注文することにしました。楽天市場の敬老の日特集ページからのリンクでした。
 注文したのは9/13。16日の時間指定。普段よりも遅めではあったものの別に間に合わなさそうな期間でもない。事実届いた受付メールでは「15日発送 16日着」と明記されてました。そこまではっきり書いてあれば特に問題無いだろうと祖母にもその旨を伝えてこの件は終わったつもりでした。
 さて台風一過の9/16の18:00頃。祖母から電話がありました。
   「まだ届かないんだけど…。これから出かけなきゃいけないんだけど…?」
 なんですと?ひょっとして台風18号の影響で配送が遅れてるのかな。というかそういえば発送メールって届いてたかな、と今更メールを確認するも該当するメールは見当たらず。ちなみにスパム扱いとゆーオチもなし。楽天の購入履歴を見ても発送されてる様子はない。15日頃はまだ発送できないほど台風の影響は強くはなかったハズ。であれば単純な配送ミスである可能性が高い。ちょっとちょっと、記念日系ギフト商品を遅らせてどうすんのさ。そんなんでよくギフトショップなんてやってられんな。
 さすがに憤慨したんで「状況の確認を強く求む」といった内容のメールを送付。

 その後、「そういや楽天にはショップレビューなるものがあったな」とふと思い出す。尼でも別ショップが扱ってる場合その商品のリンクからショップの評価まで辿り着けるのでわかりやすいのだが、楽天の場合大半はそういったわかりやすい評価につながる情報を出したがらないのか、辿り着くまでの手順が少々迂遠。
 ともかく件のお店についても評価を探ってみた。
 平均点数は5点満点中で4.3程度とそう低くはない。が、しかしレビューをよく見てみると結構な数の低評価がある。それも私と同じように「商品が遅延した」の他「問い合わせの応答がなかった」「商品がぐちゃぐちゃだった」等々、なんか少し前におせち料理であったトラブルを思い出すような内容が多い。
 これでよく平均4.3も出してるな、と思ってレビューを見ると、どうも「レビューを書いて割引」系のレビューで、商品が届く前に高評価を出したり、「横綱」「大関」といった大量のレビューを書いてる人のテンプレレビュー…言い換えればステマ系が多い。
 じゃあ実際他の人に評価されてるレビューはどんなんかなと、「参考になるレビュー順」でソートかけてみると、いや出るわ出るわ低評価なレビュー。コレが実態なんだろうなぁ。中にはより残念な結果な人もいたりして、こんな店このまま存続させてて良いのかとすら思うくらい。


 ここで話は「楽天市場本体」の話に移ります。

 上述したとおり今回使った商品&店舗には楽天市場の特集ページから遷移しています。言うなれば「楽天市場のお墨付き」。でも結果はご覧の有様だよ!
 しかしそれでも、例えばどのショップのヘッダにも「その店舗のレビューへのリンク」が貼ってあって評価をすぐ確認できるのであれば、注文前にレビューを確認してああヤバそうだなと思って避けるか、あるいはリスクを承知で注文するかといった選択が可能になるのです。実際尼はそうしてます。が、しかし上述の通り、楽天にショップレビューがあることすら知らない人も結構いるのでは?と思うくらい表に出てきていません。
 具体的には
  1.検索用テキストボックス右側の「ショップ」リンクをクリック
  2.ショップ検索画面が出るので店名を入力
  3.出てきた一覧の「感想」リンクをクリック
 という手順を踏む必要があります。中には自店のトップページに評価へのリンクを貼ってる良心的なお店もありますが、大半はそうではありません。
 これは楽天というシステムが利用者視点ではなく店舗視点であることの証明みたいなもんだと思います。「如何にユーザを騙しやすい環境を提供するか」。まあ楽天からして色々ユーザ騙してる点多いですからね。むしろ当然のビジネス論なのでしょう。
 ちなみにこの件について楽天のヘルプから問い合わせをしてみました。
  「ショップレビューがわかりづらくトラブルの多い店が分かりづらい。強制的に店舗トップに表示するとか」
  「前向きに検と(ry」
 というテンプレ応答。対応するなら何年も前にとっくにやっとくべき話だろうことからも考えて対応する気はさらさらなさそうです。
 そしてその「騙す」行為にユーザも参画させようというのが「レビューを書いてxxx」系のステマ手法。「ショップへのレビュー」には辿り着きにくいのに「商品へのレビュー」に辿り着きやすいのはこの一環のよーに思います。あれやこれやを総合して、そろそろ楽天の利用はマジでやめた方が良いような気がしてきました。典型的な「be evil」企業に思えてきたわけです。


 さてその後、件の店に出した問い合わせに対する応答は、他のレビュアーさん同様ありませんでした。1日遅れて配送の連絡は来たものの、機械的に送付したと思しきメールで、遅延に対する謝罪やその理由については一切なし。それどころかメール中に「指定時間帯を過ぎても商品がお手元に届かない場合もこちらからご確認ください。 」といった感じの矛盾バリバリの記述がしてある始末。そして送付日は15日と言い切っている。配送業者のステータスは17日発送と明記されてるのに。その他にも現実とのギャップがありすぎる美辞麗句がびっしり並んでおり、さすがにコレは擁護できんなぁと思ったので擁護の反対のことをさせて頂きました。ま、私のいつもの芸風ですなw
関連タグ:楽天
2013-09-17 [ビジネス]

 内容としては単純なのだが説明しようとすると少々面倒な話。

 楽天Edy。いつの間にやら接頭語「楽天」がついた、言わずと知れた日本における電子マネーサービスのパイオニア。モバイルアプリも存在するが、機種変更時の預入にほぼ唯一手数料がかかる電子マネーとしても有名。

 さてその楽天Edyだが、利用時に他サービスのポイントが付与されるポイント連携サービスが存在する。わかりやすいところでは本家楽天市場の楽天スーパーポイントやauポイント、こーいったポイント連動に積極的なANAのマイレージやTポイントなどである。
 私はモバイルアプリでEdyを利用し続けており、途中から追加されたこのポイント連携サービスも利用してきた。が、モバイルアプリの場合機種変時には一度この連携設定がリセットされ、新たに自分で連携し直さなければならない。別にEdyとしてのIDが変わるわけでもないだろーからサーバ側で管理してくれてればよさそうなものだが。前述の通りほぼ唯一機種変時に手数料とってるにも関わらず。まーその手の愚痴はまたそのうち。

 さて以前の機種まではこのポイント連携先としてauポイントを割り当てていた。わかりやすいし機種変時のポイントとしても利用できる(あ、そういやauポイントのサービス条件がいつの間にやら劣化したのでau持ちの人は注意すると良いです)。というかそもそもこのサービスが出始めの頃は接頭語「楽天」はついてなかったし連携できるサービスも少なかったので自然とそういう選択肢になっていた。
 けどまあ接頭語「楽天」なんてついたんだからそのまま楽天ポイントに割り当てる方がわかりやすいかなと。どーせいずれのサービスでもポイント変換条件は変わらないんだし、簡単に設定できる方がいい。auポイント連携の際にお客様番号とか入力しないといけないんだけど最近紙の請求書が来るわけでもないからいちいち調べるのが面倒という話もあり、楽天ポイントへの変換を行うことにした。

 設定は楽天Edyアプリ(及びその先のWebアプリ?)から行う。また設定登録時に楽天サービスのユーザアカウントを入力する必要がある。まあしょっちゅう楽天で買い物するので間違えるはずもなく入力。しかしエラーで弾かれる。
  「パスワードには半角文字を入力して下さい
 云々。もちろん半角で入力してる。何度か試すものの全て同じエラー。

 そこで一応システム開発に関わる私としてはきゅぴーんと来た。最近ではXラウンダー能力と呼ばれているものである(呼ばれていません)。
 私のアカウントのパスワードには伝統的に半角記号($%&)等を入れている。もちろん入力元が許せばの話であり、システムの内部不具合の原因となりやすいから避けるシステムも多い。避ける気持ちも分かるが、まあWebアプリ等だったらちゃんと文字エスケープすれば済む話でもある。
 しかるに楽天市場本体は半角記号の一部の入力を許しており、私のパスワードにもそれが使われていた。

 が、このポイント連携登録システムは対応していないんじゃないかと。

 しかし俄に信じがたい話ではある。
 完全に閉じたサービスの中でアカウントポリシーをどうしようがそりゃサービス提供側の勝手だが、「他サービスとの連携」をするためのシステムで「他サービスのアカウントポリシーに従っていない」なんてのはバグとか欠陥とかゆー以前に「何を目的にモノ作ってんだ」と、正直に言えば「正気を疑う」話と思う。それが更に双方とも「楽天」の名を関するサービス間であるにも関わらず、である。

 なので半信半疑とゆーか、むしろ違うことを期待しつつ「ひょっとして半角記号受け付けてなくね?」と問合せを投げてみた。

 …結果「今のシステムでは半角記号対応してないよ(意訳)」
 …さらにその対応として「一時的にアカウント情報変更すると良いよ。でもユーザIDだったら変えてる間に他の人に取られるかもしれないよ。ご了承下さいよ(意訳)」

 …と来たもんだ。現象としても信じられないがその対応として「アカウント変更」とゆーセンシティブな内容をユーザに強いるとは…。なんかもートホホとゆーか呆れるしかない。姿勢自体にも呆れるところだが、この程度のデータ連携もできないシステム会社及びシステムが「電子マネー」なんてモノを管理してるかと思うと少々背筋が寒くなりすらする。


 この件にかぎらず正直な話Edyはシステム足回りの悪さ的なものを以前から感じる。なんかセンスの悪い会社が作ってそうだなぁと。まさか自社開発でもないだろうからどっかに外注してるんだとは思うが、名前だけ大手のところが受注し、多重下請けにでも出してるんじゃないかなぁと。
 そもそも電子マネーなんて複数サービスを併用すべきよーなものでもないんで例えばSuica当たりのみを利用するのもアリなのかもしれないが、Edyしか対応してないサービスもまだ存在するんだよなぁ…。
関連タグ:楽天電子マネー
2012-11-19 [ビジネス]

 極めてどーでもいい話だがカタカナで「コボタッチ」とか書かれると「ロボタック」かなんかの親戚かと勘違いする。
関連タグ:電子書籍楽天
2012-08-27 [アイテム]

 それを言うなら「『超』がつくほどの成功」なんて言ってるのは比率でいうと天文学的な差が生じるほどの少数派だと思うわけですが。

 まあSony Readerを持つ身として少なくともハード的な差異はほとんどないのでスルーしたわけなので実態は知らないのですが、あまりマトモな状態じゃなかったようですな。一方でそれに対する過剰反応もマトモじゃ無かった事は想像に難くなく、そして最近893的な挙動の目立つ楽天の各種挙動もマトモじゃ無かったことも想像に難くない。
 で、結局koboって何が良いの?
関連タグ:電子書籍楽天
2012-07-31 [ビジネス]

 えー。なんかイメージ的には劣化したイメージ…というかより正確に言えば情報の不正利用や漏洩が増加するイメージ。

 具体的には各種ネットサービス用にいくつか使い分けてるメアドのうち楽天専用にしてるメアドにだけ大量のスパムメールが送りつけられている件。しかも一部名前入り。
関連タグ:楽天電子マネー
2012-02-01 [ビジネス]

 もはや説明の必要もないであろう「化物語」の最新巻「傾物語」。12月始めの頃から発売情報はちらほら流れ始め、各ネット通販サイトにも商品情報が載るようになっていたが、なかなか注文を開始せずやきもきしていた。とりあえず書籍通販サイト大手3社であるところの楽天、Amazon、Yahoo経由のセブンネットショッピングに狙いを絞り、アラートメールを登録しつつ定期的に巡回するよーにしていた。

 そのうち楽天の商品サイトに「24日0:00に予約開始」なるお知らせが掲載された。じゃあおそらくその前後で他社も追随するだろうと監視体制を強化。予告通り楽天は24日0:00から予約を始めたが、残り2社は状況変わらず。であればと言う事で、他に数冊のラノベと併せて予約注文を行った。

 残り2社も1日程度のラグで受け付けを開始。というか予約ではなく普通に注文として受け付けを初めていた。であればそろそろ楽天からも出荷がくるかなー………と思いながら既に2日経過。
 楽天の商品ページでは「在庫あり」で1~2日で出荷となっているのだが購入履歴を見ると未だ「予約受付中」の状態。似たような人は他にもいるようで、楽天「傾物語」のレビューは本編の内容と無関係の届かない人たちの怨嗟の声が絶賛増加中。まあ私も勢いに任せて書きたいところなのだがあそこはあくまで書籍のレビューだからな。こーして自分のサイトで怨嗟することにしましょう。

 予約・取り寄せした商品が、サイト上で在庫があるのに届かない、とゆー事態は以前セブンネットショッピングで遭遇したことがある。予約や取り寄せは通常の仕入れとは流れが違うらしく在庫があってもその分を回す事はできないとの事だった。融通利かねぇもいい所である。おそらく今回の楽天も似たような状況…と考えたいところだが、他3社に先駆けて予約を開始した以上(しかも予約開始を告知しておきつつ)状況は十分理解していたハズ。
 他社と異なり注文した品のキャンセルは基本的に受け付けていないこともあり、「とりあえず先行予約して数だけ抑えておこう」的な発想があったと言われても仕方のない状況ではないだろか。なお「年の瀬だから」とゆー言い訳はどこも条件は同じなので却下。

 まーアレですかね。「社内公用語を英語に統一してグローバル化を!」なんてのを目指してる企業にしてみりゃ日本国内なんてのは多少サービス落ちても構わない極小市場ってことですかね。
 しかしなんだなぁ。Amazonは言うに及ばずだし上述の通りセブン(Yahoo)も微妙だし楽天もこの体たらくってのは、安心して使えるネット通販は事実上存在しないよーなもんだよなぁ。無料合戦のツケをこんな形で回されてもユーザに良い事はない。
関連タグ:化物語楽天
2010-12-27 [日記]

私がよくつかうネット通販サイトに楽天市場とYahoo!ショッピングがある。

 この2つ、と言うか後発のYahoo!ショッピングがマネしたんだろうけど、性質が似通っており、中に入っている店舗も実によく似ている。総合的にはYahoo!ショッピングの方が若干サービスが良いと感じる場面もあり、どちらかとゆーと楽天を使う事が多いものの、ポイントサービスの状況などによってはYahoo!を使う事もある。

 さて、そうして2つのシステムを使い分けてて1つ気づいた事がある。
 それは、2サイト内の同じ店舗でも、楽天だと「カード分割2回払い」が選択できない点。

 時折高い買い物した際は支払いをならすため分割払いを選択したいのだが、手数料がかかる3回以上は選択したくない。だが元から選択肢に入ってないのではどーしようもない。
 楽天全体のヘルプを見ると「支払いの事は各店に聞け」的な事が書いてあるので、まず両サイトに店舗を持ち、かつYahoo側は2回払いに対応している某家電店舗に問い合わせをしてみたところ、「楽天は仕様的に『2回』が元から選択肢に入ってないのでどーしようもないのよ」(意訳)との返答。

 なので次に楽天本体に同様の質問。返ってきた返答が「2回払いは通常の分割払いと仕組みが異なるので選択できねーのよ」(意訳)。

 …仕組みが異なる、ねぇ…。まあ手数料発生有無の違いは実際あるわけだから多少の違いはあるのかもしれないが、正直どー考えてもシステム的に非対応にするほどの理由とは思えない。よっぽど他の分割やらリボ払いの方が面倒なハズだ。そして他のサイトでは特に問題なく有効になっている。そして何より、楽天でも以前は2回払いを選択できる店舗もしくは時期があったわけだし。そして同じ楽天系であるところの楽天カードで可能な2回払いをショップ側が対応してないとゆーのはさすがにどうなのよ、とか思う。


 邪推だが、手間があるだけでクレジットカード会社にメリットのない2回払いを意図的に除外することで、何らかの便宜を図って貰ってたりするんじゃないのかね。カード手数料を安くしてもらってるとか。楽天KCにしてみれば3回以降しか選択できなくすることで手数料収入をある程度強制的に発生させてるのかもしれない。そういや一時期リボ払いを推奨するメールがガンガン届いてウザい時期があったな。ポイント優遇まで付けて。でも結局手数料分でゼロもしくはマイナスになるという。
 不況の時期とゆー事もあるだろうが、こういう小悪党のセコい詐欺じみた手法で小金を稼いでるようなところはどっちにしてもユーザは離れていくんじゃないかなぁとか思った今日この頃。
関連タグ:楽天
2010-02-23 [ビジネス]