httpd.confに似た設定ファイルで、かつワリに簡単にヴァーチャル化が出来るため、FTPサーバ作る時はwu-ftpdではなくproftpdを使ってます。
 ところが先日、会社の後輩がproftpd-1.2.6でDirectoryディレクティブでLimit制限を掛けた際、1.2.5では動いてた設定にも関わらず、ミョーな動きを見せやがりました。やろうとしたことは「接続元のドメイン単位で接続したFTPディレクトリに制限をかける」というもので、まあ、ユーザ単位で接続ドメインによるLimit Loginが掛けられない事の代替策だったワケです。
 とりあえず現象としてはDirectoryディレクティブ内の

1.ドメイン単位(FQDN指定、ドメイン指定双方)Limit制限が効かない
2.ちうか上記の設定を含むと、IP指定の制限にもエラーが出る
3.hostsファイルから自サーバ情報を消すと(名前解決をDNSのみにすると)ホスト指定は生きる
4.でもドメイン指定(例:「.so-net.ne.jp」)はどーやっても生きない

 ・・・なんかバグくさいなあ。とか思って軽く検索してみたところ、少数ながら1.2.6でアヤしい動きしてるとのご報告を発見。まあ1.2.6って9月アタマに出たばっかだからなあ。んじゃま1.2.5に戻してみるかいのう、と思ったのですが正式サイトは既に1.2.6がカレントで旧版なし。あとはプレリリースの1.2.7rc1。まあ自分のPCに1.2.5残ってはいるけど、まあそんなら1.2.7rc1入れてみますかあ、ってなカンジで気軽にインストール。よい子はマネしちゃいけないね。で、上記現象はこれで改善されました。1.2.6お使いの方、お気を付けください。

関連タグ:FTP
2002-10-13 [技術・作業]