[0] 過去の遺産。-[Id of Radiance ver.5]





■ 過去の遺産。

 会社の後輩が家を建てている最中なのだが、なにやらビリヤード室まで作る気でいる。私はビリヤードなんて数えるほどしかやったことのない口なので、そこまで欲しがる気分はよく分からないのだが、まあ、私が一般人は買わないであろう大型LCDを買ったのと似たようなものであろうか(苦笑)。
 とにかく、会社でビリヤードの話題が出たワケで。それで思い出したのが押し入れの隅に眠っているビリヤードマンガ「キング・オブ・ザ・ハスラー」。主人公の的場ヒロが、世界チャンプにそそのかされて日本大会、世界大会と勝ち進み、とうとう世界チャンプになるお話である。途中までは結構無茶な展開で、この手のマンガにありがちなスーパーショットが飛び出していたのだが、中盤辺りから徐々におとなしくなりはじめたのと、意外としっかりしたストーリー、キャラで、個人的にはなかなかお気に入りのマンガであった。つーかセレンラヴ(笑)。
 が、このマンガ、作者・谷津太郎氏の体調不良を理由に途中で連載中止の憂き目にあっており、5巻も加筆出版を予告していたものの、実際に出たという話は聞かない。その他のマンガの話も聞かないので、完全に漫画家から足を洗ったと思われる。
 のだが、ジツは一度だけ、コンプティークだか電撃王だかのおまけの三国志(かなんか、古代中国系)マンガ特集で4コママンガを描いてるのを見かけた事がある。時期的な事はよく覚えていないが、確か「〜ハスラー」の連載終了後だったハズである。
 既に他界されているとの噂もあるが(ガセとも言われているが)、何にせよ、お気に入りの作品が未完のまま終わるのは非常に残念である。そー考えると今もその可能性があるヤツって多いよなあ。展開が遅い上に先が長いのが分かってるヤツって。小説で言えばアルスラーンとか創竜伝、マンガで言えばFSSとか。もっとも、FSSは絶対一代じゃ終わらないからどうあがいても見られるわけないけどさ(苦笑)。

 どーでもいーが「Nジャマーキャンセラー」で検索してココに来る人多すぎ(苦笑)。一応簡単な解説は06.01を参照。どーやってキャンセルしてるかは不明。つーかどーやってニュートロンをジャミングしてるかも不明だが (一応、ニュートロンのピン止め効果とかなんとか理屈はついてるようだが。核分裂を押さえると言うよりか連鎖反応を抑えるシステムと考えれば良いか?)。つーか設定考証のヒトもあまり細かいこと考えてないっぽいし。とにかくそーゆー設定的な雰囲気を楽しむモノかと。ホラ、所詮ミノフスキー粒子も現実のモノじゃ無いし(笑)。

2003-06-15 [日記]