[0] Microsoft、「SQL Server」をLinuxにも拡大、来年半ば提供へ-[Id of Radiance ver.5]





■ Microsoft、「SQL Server」をLinuxにも拡大、来年半ば提供へ

 全くもって何のうまみも感じられない。
 そもそも最近はDB操作レイヤの抽象化が進んでて開発者サイドからはそれほどDBの違いを意識する必要なく、であればすでにLinux上でこなれてる各種DBを選択しない理由はない。しかもLinux版はフル機能じゃないんでしょ?
 SQL Serverに慣れた開発者が「やったー!Linuxでも使えるー!」なんて場面が想像できない。そんな人がわざわざLinuxに来る理由は無いし、そもそもLinuxに来れる人だったら他のDBでも問題ないだろう。

 正直、MS営業の口車にのって搭載した利用者からCALを徴収するための手段としか思えない。ほらインターネット利用者から受信料を強制徴収しようとしてるNHKと同じ。そのうちADのLinux版とかも出す気じゃんじゃないかね。むしろSQL Serverより実装しやすい気がするが。

関連タグ:LinuxMicrosoftDB
2016-03-09 [技術]

関連記事: