[0] Windows 10搭載PCにはLinuxなどをインストールできなくなる可能性あり-[Id of Radiance ver.5]





■ Windows 10搭載PCにはLinuxなどをインストールできなくなる可能性あり

 セキュアブートをかんたんに表現すると、PCの製造元から信頼されるソフトウェアのみを使ってPCを起動する、という機能です。
 ~ 中略 ~
 しかし、「Designed for Windows 10」のロゴを得るための条件は「セキュアブートが有効であること」で、「セキュアブートを無効化できるかどうかは、OEMが選択可能とする」となってい ます。これに従えば、OEMメーカーはセキュアブートの無効化オプションを削ってもOKということになるので、Windows 10搭載PCを買ってきて、デュアルブート機にしようとLinuxを入れても、セキュアブートが無効化できず、結局はWindows 10機としてしか使えないという事態も起きうるということになります。


 とは言え先日のレノボの一件のように「『PCの製造元から信頼されるソフトウェア』が本当に信頼に足るか」という問題もあるわけで、であれば各メーカーは安易に無効化オプションを削るようなマネはするべきではないと思うわけです。

 …なにより、Windowsってそんなに信頼に足るOSか?w

関連タグ:Windows
2015-03-23 [セキュリティ]

関連記事: