[0] 才能の違い。ペルソナQ話。-[Id of Radiance ver.5]





■ 才能の違い。ペルソナQ話。

 「ペルソナ3と4のキャラが共演するRPGが3DSで出る」と耳にした時、正直なところ「ああ、小金を稼ぎに来たな」という印象を持ったことは否めない。その前後で会社的にゴタゴタした直後だったからなおさら。それ以外にも人気作のP4をやけに前面に出す今のマーケティング手法は、総じて言えば「サーカス商法の一種」と言って良いように思う。
 さらに言えばゲームシステム。「世界樹ライクな3Dダンジョン」と知ったのは実は購入後、さらに言えば商品到着後だったりする(笑)。まあそら私の情報収集が甘すぎるだけなのでともかくとして、最近はなんとなくオワコンの空気が流れてる「世界樹」を取り込んでるとゆー事実はますます前述の「小金稼ぎ」感を強くしたのだった。
 
 なもんだから実のところ「Q」には地雷臭を感じていた。とりあえずP3好きとしては初回限定版を押さえはしたものの、ゲーム内容にはそんなに期待せず、「世界樹のあの『やりづらさ』を感じたらさっさとプレイやめよう」とすら思ってプレイを始めたのであった。
 …これは結論から言えば杞憂であったわけだが。


 そんなペルソナQ。とりあえずP3編をクリアしました。
 や、なんか面白かったですな。ペルソナであり世界樹でありながら、実はどっちでもない感じ。
 基本フォーマットは世界樹なんだけども、ここに「ペルソナ」及び「サブペルソナ」の能力を持つ人間を連れてくるとどうなるか。大本の「世界樹」も多様なスキルを持つプレイヤーの集まりであり、後半シリーズではサブのジョブを持つことでの多様性もあるにはあったけど、まー成長の遅さに反比例してスキルの強化度合いが貧弱なのでどうしてもジリ貧になる。豊富なキャラとサブペルソナ付け替えによる自由度には到底及びませんな。そーゆー意味ではペルソナ使いの非凡さが図らずも証明されたと言っても過言ではないでしょう(そうか?w)

 ただまあ逆に「プレイヤーキャラが強すぎる」ってのもあったかもしれない。
 難易度は「Normal」でやったんだけども、正直戦闘に苦労する場面は序盤のホント最初の方だけだった。なにより「F.O.Eがワリと簡単に狩れる」とゆーのは「世界樹」シリーズのバランスとしては問題があると思われる。世界樹だとF.O.Eは最初は逃げるだけ。その後数階層攻略した後にようやく見合うレベルになるとゆーのが「世界樹」のパターンだが、この「Q」の場合大抵初見で狩れる。ペルソナ3,4恒例の「刈り取る者」すら、準備不足の遭遇戦してしまった初見こそ敗れたものの、ある程度準備を整えての再戦で撃破。その後も運が悪くない限りは勝てるというバランスなのはちょっと興ざめ。
 特に序盤のF.O.Eが狩れる最大の理由が追加コンテンツの「カグヤ」が持つ「月の加護」と、アクセサリー等で使用可能になる「聖なる加護」。前者でダメージをシャットアウト、後者で状態異常をシャットアウトできるので、そら単体ベースのF.O.Eならば時間はかかるけどもむしろやりやすい。しかも今回ペルソナシリーズということもあり属性弱点持ちがほとんどだからね。序盤でのF.O.E狩りに慣れるとレベルが上がる+ペルソナが増えるので戦力充実の好循環になり、その後のF.O.Eも楽になるとゆーパターンなわけですな。
 まあ辛い思いしたければマニアをやれということかもしれないが、忙しいのでやらないw

 ダンジョン。
 「世界樹」ベースだけどもシンプルなところはシンプルに、凝ってるところはより凝ってと、よく考えられた構造だった。
 が、しかしあえて言わせてもらえば「第三章はやり過ぎw」。その手の苦手な人にとってはちょっと進むだけでも一苦労だったんじゃないかね。F.O.Eに至っては初見だと悲鳴あげても仕方ないよーなのもいるし。アレで戦闘が大変とかだったらさらにトラウマになりそうだが、あそこの連中全員「雷」弱点なので楽ちんなのがせめてもの救いw
 
 追加コンテンツ。 
 そんなわけで「カグヤ」と「オルフェウス改」はありがたく無料で頂きました。前者はそんなわけで序盤のF.O.E狩りの要。後者も中盤よい活躍をしつつ、レアスキル「黄金連鎖」を持ってるので後半用の強化をしてもいいかもしれない。
 有料コンテンツは「タナトス」だけ購入。P3好きとしては仕方ない。

 ところで。
 物語後半…つーかクリア後イベントで入手するペルソナ「ゼウス」。やけに重厚なイベントと、その後のマガによるフォローの充実っぷりが印象深い。
 そして、それが何となく「P3主人公その後」の展望に期待を持たせているように思えるのだがどうか。


 そんなわけでプレイもそうだけど全体的な掛け合いとかもそれっぽくて面白かった。「遊びやすいバランスの世界樹」という稀有な存在。
 優遇されてるP4(と主人公)はさておいて、冷遇されてるP3にもさらにスポットがあたってくれれば…。特に主人公とベスのその後について。

 あ、そういやP3冷遇P4優遇話。ペルソナのレベルアップで獲得するP3主人公「メサイア」とP4主人公「イザナギノオオカミ」。属性への耐性に差がありすぎてずるくありません?メサイアはかろうじて魔法系属性が耐なんだけども「闇」が弱点なのに比べ、イザナギノオオカミは斬壊突も耐に加え弱点なし。どーゆーことなのかと。メサイア専用「ランダマイザ」で全てを水に流せとでもいうのか。設計者はタナトス&イザナミ&ケルベロスに地獄まで連れてってもらうがいいw

関連タグ:ペルソナ
2014-07-11 [ゲーム]

関連記事: