[0] パナソニック「創蓄連携システム」話:第0.9話「仕切り直し」-[Id of Radiance ver.5]





■ パナソニック「創蓄連携システム」話:第0.9話「仕切り直し」

これまでのあらすじ:
 新築に合わせて導入したパナソニック「創蓄連携システム」。しかし設定の不備か機器の問題か、本来コントロールを司るスマートHEMSから「蓄電池」の情報が確認できない。
 パナソニックの技術の方が来て色々調査したがこれといった原因が見当たらない。これはアレか?初期不良なのか?


 まあありがちよね初期不良。というかのっけにテレビアンテナ(とゆーかブースター?)の不具合があってテレビが映らなかったとかもあったし。と言うか有線LANポートのある部屋の数分未満のポートしかないHUB入れてやがるとかもあったし。なんかパナホーム電気系統のチェック、というか考え方甘くね?

 さておき、一応調査した限りでは設定上の問題は無い様子なので、パワーステーションやAiGES側の基盤の初期不良を疑ったのが前回の話。
 で、今月半ば頃にまた別の技術の方を連れて対応に来たわけですが、今回はパナソニックでも単に技術サポートではなくパワーステーションの開発や蓄電池の開発を行ってる関連会社の技術の方が直接いらっしゃいました。大阪とか愛知とかえらくあちこちから。いやはや単なる個人住宅なのに恐縮なことです。

 で、あーでもないこーでもないと調査。しかしさすがにホントの意味での専門職。アレが違うコレがおかしいソレは問題ないと的確に詰めていき、結果として一部配線のミス、一部パワーステーション側の情報通信系基盤の不具合とゆー結論に落ち着き、配線の調整及び基盤交換を行った結果、よーやくスマートHEMSに「蓄電池」の項目が見えるようになりました。やたー。

 とりあえず「夜間充電して日中電力ピークが高い時に部分放電」を行う「経済優先モード」で稼働。大体夜中の0時~2時くらいにかけて充電し、天気の良い平日であれば太陽光発電が完了しつつ電力消費の増える16:00~19:00頃に放電しているのを確認。蓄電池の容量は4.6kwhだが、バッテリー寿命の問題から放電するのは最大50%程度なので実質使えるのは2.2kwh程度。これだとホントに電力使う時間帯は1時間も保たないくらいでしかないが、フルに使うわけではなくピークをカバーするように=ある程度は買電しつつ消費するのでまあ大体3時間程度カバーする様子。曇りの日とかで日中も使う場合は使いますが。
 そう考えると前回も書いたけど4.6kwhてな十分な量とは言えないですな。充電-放電のラグが無いと仮定して夜間と夕方頃の電気料を比較して計算すると、1ヶ月で良くても880円程度の経済効果しか無いことになる。充電池は100万単位の価格な上に劣化もあることを考えると、経済的な話に限って言えばさほど効果はないなぁ、と。もちろんエコやら停電時のバックアップやらの側面もあるので単純に金額比較しては無意味ですけどね。充電池には単独で補助金も出るし。とは言えせめて月に1000円程度の効果は欲しかったなぁと。リミッターである50%てな適正な値なんですかね?30%くらいまで使わせてもらえないんですかね?


 さて。
 配線を修正し、情報系の基盤を交換した結果、AiGESが受け取る「太陽光発電」の結果がそもそも別カラムの情報となってしまったようで、9末に入居してからとりあえず蓄積だけはされていた太陽光発電の情報がまっさらにされてしまいましたてへぺろ。なので計測開始は11月半ばから仕切り直し。真面目に1ヶ月の情報として蓄積されるのは来月からになりそうです。…これから冬にかけて電気使用量が上がる時期だとゆーのにw わかっていてもストレスがw

 ところでオール電化になって、そうではなかった古い家と昨年11月の電気代の比較をしてみたところ、お互い9000円未満でほぼ同等、若干新しい家の方が安い感じ。以前はコレに加えてガスやら暖房用の灯油(※11月頃はまだ使ってなかっただろうが)を考えると優秀な値ではないでしょうか。まあ日中は太陽光でカバーしてる量も少なからずあるので厳密に言えば電気使用量は増えているんだろうけれども。しまったな、金額ばかりに目が行ってて実際の使用量比較するの忘れてたw
 最も使うのが充電やらエコキュートが動いている夜間。次におそらく夕飯時期に使ってるのが響いているであろう朝晩。懸念してた一番高い昼間は太陽光も発電する時間帯のためかあまり使ってない様子。夜間の使用はどーしようもないので朝晩のピークをもっと削れれればなぁ。

2013-11-28 [日記]

関連記事: