[0] 菅長官「開いた口がふさがらない。憤り感じる」  鳩山氏の尖閣発言批判-[Id of Radiance ver.5]





■ 菅長官「開いた口がふさがらない。憤り感じる」  鳩山氏の尖閣発言批判

 私が思うに今の鳩山氏は国民及び民主党に対する嫌がらせをすることが主な人生の目的となってるんだろうな。いやワリと本気で。

 理工系お坊ちゃん型キャラの鳩山氏は周りからちやほやされることが前提となる人生観をしてるんだろーと思われる。
 首相になるまではそれで良かったのかもしれないが、いざ首相になって、色々やろうとして、でも尽く挫折して、党からも見放されて。
 でも原因が自分にあるとは思わなくて、悪いのは理解しない国民及び党の人間であって。
 そんな折、ちょーど良い操り人形を見つけたチャイナにいいようにちやほやされて、ああこの人達は私を分かってくれる→正しいのはこちらだ、間違ってるのは日本だ、的な論理構造なんじゃないですかね。

 ま、「嫌がらせ」であることは明白だけれども上記のような展開であるとしたらおそらく本人は嫌がらせしてるとゆー意識はないでしょうな。誤用でない意味での「確信犯」とゆーヤツでしょう。

 そー言えば上記の構図は大学に入ったはいいが挫折してオウム真理教とかに走った理工系学生にカブるものがありますな。今は「ショーコーショーコー」言ってる時期なのかもしれません。それが過ぎて、より親分の暴走が激しくなった頃、さて彼の役割はどんなものになるでしょうかねぇ。


関連タグ:中国恥知らず
2013-06-25 [政治]

関連記事: