[0] 「風ノ旅ビト」軽くプレイ感想。ついでに「セブンスドラゴン2020」-[Id of Radiance ver.5]





■ 「風ノ旅ビト」軽くプレイ感想。ついでに「セブンスドラゴン2020」

 そんなわけでちょっと興味が湧いた「風ノ旅ビト」をDL、とりあえず最初のチェックポイント?まで到達してみた。

 とにかく一つ言えることは。…私にとっては「酔う」タイプのゲームということだった…(苦笑)。
 広いエリアをのんびり旅するゲームかと思った(※それほど間違いではない)のだが、遺跡っぽいところの上下差や視点移動が思いの外あり、その手の視点移動を苦手とする私には軽く辛いシステムだった。
 説明無しでもプレイできるのは確かだが、それゆえに「試す」ことはある程度必要であり、そのため思ったほどのんびり感は感じられず、よくある謎解き系っぽいと感じた。
 セーブは要所要所で自動的に行われるタイプ…なので途中で辞めるのも多分ままならず。ある程度まとめてプレイする必要はあるでしょう。
 砂漠で統一された世界観はなかなか美しい。演出と相まって先が気になるのは確か。そしてそれ以上に主人公?キャラが謎すぎるw カオナシのよーなあの仮面?を最終的に取るときはくるのだろうか。


 話は変わって。
 ここしばらくゲームらしいゲームをプレイしてなかった私ですが、ここに来てなんかRPGやりたくなった。それもオンラインでもなく流行りのアクションRPGでもなく、比較的オーソドックスなターン制で取っ付き易いよーなタイプ。最近そーゆーのあんま見かけないなぁ、と思って軽く探したら去年暮れころに出てた「セブンスドラゴン2020」を発見。お、ちょうどよさそうだとPSNからダウンロード…しようと思ったらほぼ定価で高かったので中古のUMD版を購入。
 うん、実に調度良い。ギリギリ感のあるシナリオと分かりやすくストレスのないシステムと適度な難易度。欲を言えばキャラメイクの自由度がもーちょい欲しかったけど、意外とキャラの外見を職業とずらしただけでも独特感は出せる。ちなみに現状パーティは「女サムライ外見のデストロイヤー」、「男サムライ外見のトリックスター ※リーダー」、「女ハッカー外見のサイキッカー」という構成。いつもの好みのバランスだが、結構戦闘バランスも良い。しばらくは楽しめそう。



関連タグ:PlayStationRPG
2012-03-16 [ゲーム]

関連記事: