[0] 2010年12月6日~12月12日の携帯ランキング話。-[Id of Radiance ver.5]





■ 2010年12月6日~12月12日の携帯ランキング話。

 ふとBCNの携帯ランキングを見たら上位5機種がAndroid機でフイタ。ここまで猛威を振るうとはさすがに少し意外だ。うち3機種がdocomo端末。端末間でシェアの奪い合いになりやしないかと思っていたがこの結果からみるとそれなりの数がうまくバラけたようだ。
 そして若干以外だったのがSBのGALAPAGOS。5機種の中では最下位とは言えiPhone4の上位につけるとは。SBのAndroid機の需要はほとんどないと思ってただけに。

 この傾向を見ると、まあGalaxySは例外として「ガラケー機能を備えたAndroid機」とゆーものをいかにユーザが望んでいたかがうかがえる。まあ単純に様子見する必要がなくなってきたからかもしれないが。
 一方でいわゆるフィーチャーフォンの存在がえらく希薄になってるよーにも思う。上位に来てるのは簡単系かブランドモデルかで、一層差別化が困難になってる雰囲気。まあこの流れでフィーチャーフォンの中身もAndroid化されてけばいーじゃんとかは思うのだが。さて。

 ところで、各キャリアからAndroid機が出るようになったとたん、各キャリア専用のアプリとゆーのも増えてきた。今後差別化を図るとしたら確かにハードではなくソフトになるんだろうが、それはそれでAndroidの本来の在り方と異なるよーな気がする。まあ今が第一世代と考えると、春以降の在り方で今後の状況が占えるだろうか。

関連タグ:Android
2010-12-21 [モバイル]

関連記事: