更新:2009-04-15 
アイコン:機神憧憬 デモンベイン&アル・アジフ  …実に数年のオーダーを経て完成に至ったデモンベイン&アル・アジフ。そもそもこの絵がどうこう以前にマトモに絵を完成させた事自体が年単位のオーダーだったりするが(苦笑)。

 元々は確かデモベのアニメが始まった頃のノリで描き始めたモノのハズだが、その後のゴタゴタやらモチベーションやらの都合で放置されていたモノ。もっともそーゆー題材は他にもいくつかあるわけだが。それがなぜこの時期に完成かとゆーと、ブログの方には書いたけどペイントツールSAIを導入したのが1つのきっかけではあるだろう。新しいツールに慣れるのと、数年のブランクに対するリハビリを兼ねて、他の放置題材よりリハビリに適してるであろうモノを選んだ結果というワケである(笑)。
 しかしおかげでSAIにもだいぶ慣れた。てかすげーわコレ。下書きはある程度完成してたとはいえ、従来かかってた時間の1/4程度の時間で完成したんじゃないだろか。線画の機能が充実しているのもあるだろうが、全体的に「よく使う機能がよく使えるようになってる」ところが便利の源なよーに感じた。他ツールでは複数の機能を連動させて実現する機能がクリックやチェックボタン1発でできるとか。

 だいぶ味を占めたんでしばらく色々描いてみよーかと思ってます。とりあえずは放置モノの完成を目指す方向で。その後はアレかな、いくつか過去に描いたCGの新Verとかかな。ほらオイラ描きたいものしか描かないタイプだから、結局同じモノを描きたくなるわけさ。ジェネシックとかヴェルトール・イドとかw

 なお、ツッコまれる前に暴露すると、おそらくアルとデモベのサイズ比が間違ってます(苦笑)。アルはもっと小さいハズ。でもまぁあんま小さくするとせっかく描いた意味がなくなっちゃうので(苦笑)。結構フリフリまでがんばって描いたのにこのサイズにするとよくわからない(苦笑)。
更新:2005-02-01 
アイコン:『生きる資格・・・それは!藻掻き足掻く事で!!勝ち取るモノだっ!!!』(2005.Remix.Ver)  第3次スパロボα参戦記念、にかこつけた前ジェネシックガオガイガーのリバイバル作品。
 前回描き上げたジェネシックはそれはそれで全力を投入したものだったのですが、色んな理由から完成度的には不満もあるものでした。いずれリトライしてやろうと狙ってたところに第3次αへのガガガF参戦決定。更にはGGGFGGGの放映とDVD-BOXの再販決定。そんなこんなの追い風に乗ってついに着手した次第です。

 さて、このCGを描くに当たって2つの目的がありました。
 1つはまあ当然ながら「前作を質的に上回る」こと。これについては見る人の主観もあるのでアレかもしれませんが、描いてる本人としては大きく上回ることができたと判断してます。満足。やっぱ資料としての「MAX合金ジェネシックガオガイガー」の存在とより詳細な描写に対応できる「intuos3」の存在が大きかった。期間的にも予想以上。
 そしてもう1つの目的は自分も含め近頃周囲で急速に需要が増えている「WUXGA対応の壁紙にする」こと。前回サイズ大きいばかりで中途半端なサイズになっちゃったので、少しは使えるモノにしようかな、と。実際私の壁紙は今コイツになってます(笑)。ただまあ、私ゃ壁紙職人としての技術は皆無に等しいんでレイアウト的な意味合いではあんまり良くないかも。
 あと英文は超適当なので、マジメに訳そうとしないで下さい。いやホントマジ止めて。
サイズ調整版その3。
サイズ調整版その2。
サイズ調整版その1。
更新:2004-02-01 
アイコン:暁のゾハル  邪神モッ○スの驚異も記憶に新しい昨今、流行廃りを全く考慮に入れず完成したゼノギアス。タイトルにはゾハルってありますがあくまでメインはゼノギアスです。

 前作「黄昏のゾハル」の対作。とはいえ最初から計画していたワケではなく、前作を描き終える直前にふと浮かんだシチュエーション。よーするに単なる思いつきなので(笑)実はけっこう描き込みが足らなかったりする。まあ単純にゼノギアスという機体は資料が少なく(特に色彩)ディティールをゴマカさざるを得なかったってのもあるのだが。

 タイトルに「暁」ってあるようにイメージは朝焼け。ヴェル・イドが赤すぎたようにこちらは光が強すぎたかも。例によってXGAサイズで壁紙に出来るけど、なんか目に悪い上にモニタの焼き付きを起こしそう(苦笑)。
更新:2004-02-01 
アイコン:黄昏のゾハル  ゼノサガ2が発売直後な昨今、流行廃りを全く考慮に入れず完成したヴェルトール・イド。タイトルにはゾハルってありますがあくまでメインはヴェルトール・イドです。

 例によって描き始めからかなーりの時間を要しましたが、例によってずっと描き続けてたワケではなく、ちょっと塗っては幻滅して筆(※タブレットペン)を投げだしてゲームとかやって、1ヶ月くらい経過すると塗り始め・・・ってのを何回か繰り返した結果だったりします(苦笑)。なかなかイメージ通りの赤色が塗れなくてねえ。もう諦めようかと思った矢先、とあるウェブ巡回先の超上手い絵描きさんの「やっぱ上達のコツは楽しんで描くこと」って言ってるのを見て「出来を気にせずガシガシ塗ってみるかー」と思い直して塗ってみたら結構悪くない塗りになったような気がします。

 タイトルに「黄昏」ってあるようにイメージは夕焼け。ただでさえ真っ赤なヴェル・イドがメインに居座ってるもんだから真っ赤っか(苦笑)。jpeg圧縮には向かない絵かもしれません。一応壁紙に使えるようXGAサイズにしてみましたが、こんなドぎつい色使いの絵を誰が壁紙にしたいものか(笑)。
更新:2004-01-01 
アイコン:斉天大聖  猿と言えばやぱしコイツ。最初もっと擬人化されたのを描いてたんだけど、イマイチ美しくなかったんで方針変更。
 斉天大聖=孫悟空ってのはホントは金糸猴って猿をモデルにしたハズなのだけど、手元にその猿の資料が無かったため、手近にあったニホンザルの写真をベースに作成。なので全体の雰囲気はニホンザル風味にも関わらずシッポが長いとゆーアンバランスさ(苦笑)。ま、いーのよ。所詮イメージなんだから。
更新:2003-02-01 
アイコン:『生きる資格・・・それは!藻掻き足掻く事で!!勝ち取るモノだっ!!!』  実に1年以上の時間をかけてやっと完成したジェネシックガオガイガー。
 当初の構想では上半身のほんの一部しか描かないつもりが、描いていく内にずんどこ大きくなっていき、結局全身描いてしまった。まあ1年かかった、といっても「描き続けていた」ワケではないので、私の遅筆と飽きっぽさの結実と言えるが(笑)、それでも完成まで描き続けられたのはやはり私の中で、ジェネシックの占める割合が如何に大きいかを表してるのではないだろか。
 さて、このジェネシックですが、見てお分かりの通りだいぶ「意訳」されております。部分部分のサイズなんかかなりいい加減。てゆか好みに合わせて描いてしまっています。資料が少なかったのも理由なんですけどね(苦笑)。資料といえば逐一キャプチャしたDVDの静止画とDVD7巻のブックレットのみ。え?十分だって?(笑)
 とにかく、今現時点でこれ以上のモノは描けません。全力掛けました。もちろんもっと細かく描けば描ける部分もありますが、描きすぎてバランス崩す事を考えたため、バランス的にもこれが全力、と言えます。サイズ的にも過去最大(笑)。ココに出てるのですら1700x1519あるんですが、ホントの画像は1辺がコレの4倍、つまり画像サイズは16倍です。ウチのマシンでもそろそろ限界。つーかエフェクト掛けようと思ったらついに「メモリが足りません」って言われたし(苦笑)。
 で、メインに出してるのも大きすぎるんで、一応ちょっと小さめ のも載せておきます。これでも幅は1000なんですが(苦笑)
更新:2003-02-01 
アイコン:ダイゼンガー 斬艦刀・破光星震の太刀  注:そんな技はありません。
 てなわけでやっと完成したダイゼンガーCG。元からエフェクトを意識した作りをしてたため背景は全くの単色だけど、思ったよりエフェクトによる背景隠蔽(笑)が出来なかったためちょっと単調な絵になっちゃたかも。
 でもま、振り抜きざまの一瞬を絵にしたかったってのがあるんであまり飾らない方が良いのかも。
更新:2003-01-01 
アイコン:真羊  2003年非一般向け(笑)年賀状用CG。「まよう」と読みます。今年は年賀メールでは出してませんのでお知り合いの方々はこちらをご覧ください(笑)。以下プロフィール。
 ・MIT留学中の大学2年生。
 ・「アンドロイドの休眠中における電脳内データ整理技術」を研究している。
 ・クリスチャンの家系で、若干自己犠牲の精神が強い。
 ・好きな食べ物は羊羹。苦手な食べ物はジンギスカン。
 ・髪の毛ほわほわ。保温性が高く長すぎると暑いため、短めにしている。
 ・爪が硬い。
 ・普段はおっとりしているが、怒ると硬い爪のチョキで相手を突く。これが痛い。
更新:2003-01-01 
アイコン:夢想  2003年一般向け年賀状用CG。チョイ前の日記にあるように過去最短ペースで描き上げたもの。故にそこかしこに手抜きの跡が見えるが(苦笑)、印刷すると結構悪くない雰囲気に。
更新:2002-02-01 
アイコン:鷹乃  まいメモオフ2ベストキャラ鷹乃。
 テーマは「見返り美人」。彼女の父がアメリカに戻った翌日の登校時、後ろから追いついた健に呼ばれ、振り返った一瞬・・・てなカンジ。部活を再開したからスポーツバッグ持参。しかしこんなバッグ今更あるのか?(笑)
 ラフ描きから彩色まで、ほとんどの作業をPainterで行った初の作品(ラストの合成のみPhotoshop使用)。Painterを購入してから1年近くほとんど使ってない計算になる(苦笑)。しかし今回ので少しカンジを掴んだような気がするので、今後に期待(誰が?)。
 ちなみに。今回の背景はデジカメで撮った写真を加工したものなんだけど、撮影場所は某日本におけるスペーステクノロジーの総本山だったりする。ちなみに地下に秘密防衛組織らしきモノは見あたらなかった。そもそも海じゃないし。
更新:2002-02-01 
アイコン:コレット  まいぱすチャベストキャラ・コレット。
 私はディードリットの頃からのエルフ好きだったりする。そのためか、基本的に「ツリ目」属性があるようで、特に意識してるわけではないけど気に入ったキャラ(例:綾香、楓、恋、コレット、咲耶、鷹乃 等)はことごとくツリ目である(笑)。
 そのワリにこのコレットは若干タレ目に見えるトコロが残念(苦笑)。なお、この絵は以前発生したPCデータ消滅事件(泣)により長らく行方不明だったが、友人F氏の協力によりサルベージに成功(笑)。あ、Silly君もご協力ありがとー(笑)
更新:2002-02-01 
アイコン:美琴  オリジナルキャラ・美琴。比較的、Photoshopを使い始めの時期に描いたモノ。
 多少使い方が分かってきたかな、と感じられなくもないと思えるようになっていた(よくわからん)。「パス」を使った輪郭描写方法を発見した(大げさ)作品でもある。最近じゃ珍しくもないけどねしかしながら、結局パスを使うと線に生きが無くなるので最近はあまり使わなくなった。一定の曲線描きたいところでは今でも有用だけどね。

更新:2002-02-01 
アイコン:恋  まいCANVASベストキャラ恋。
 ☆画野朗さんの、一見何気なく描いてそうなシンプルなラインでありながらバランスのとれた美しい立体感の絵に、当時久々に絵的な衝撃を受けました。ご当人はまだ満足してなさげだけど、あの人のデッサン力ってすごいと思う。リアルでありながらかつデフォルメされてれるわけだし。
 と、ヒトのコトばっか書いてるけど、私の絵は全然ダメダメですな。下書きの段階では良く描けたと思ったんだがなあ(よくある勘違い。)。
更新:2002-02-01 
アイコン:瑞希  こみパより瑞希。瑞希激ラヴの友人に応じて描いた習作。途中でめんどくさくなってエフェクトでお茶を濁した(苦笑)。

更新:2002-02-01 
アイコン:楓  まい痕ベストキャラ楓(笑)。
 楓って好きなんだけどなんか描きづらくて、CG化したのはこの1枚のみ。少し普段とは変わった塗りってのを目指してみた。ワリに満足。ただしなんか髪がヅラっぽく見えてしまうのが残念(苦笑)。
更新:2002-02-01 
アイコン:綾香02  まいとうはとベストキャラ綾香その2。
 「綾香は男物シャツ一枚って絶対似合うよなー」とか思って描いたら結構同様の考え持ってるヒト多いらしく、同じモチーフをあちこちで見かける。その中でもレベルの低い作品であるコトは疑いようがない。ごめんよ綾香。
更新:2002-02-01 
アイコン:綾香01  まいとうはとベストキャラ綾香(笑)。描いた当初は気に入ってたのだが、今見るとメタメタ(泣)。
更新:2002-02-01 
アイコン:WingGUNDAM ZeroCustom  メカ好きのワリに最近あんまりメカを描かない私(苦笑)。コレも体を描いた段階で気力が尽きて、羽は適当に。
 話は違うが私はガンダムWの最後期型OPは、アニメ史上屈指のOPだと思ってる。
更新:2002-01-01 
アイコン:Forest  2002年一般向け年賀用CG。の文書なしバージョン。
 ホントは角つけてユニコーンにするつもりだったのだが、両親が「角の生えた馬なんていない」と頑迷に言い張ったので(笑)中止。けっこうユニコーンってある年齢以上だと認識されてないのかも
更新:2002-01-01 
アイコン:香午深  2002年非一般向け年賀用CG。「かごみ」と読みます。プロフィールは以下の通り(笑)。
 ・年齢20前半。
 ・OL。
 ・元陸上部。中〜長距離。1000mが得意(笑)。
 ・菜食主義者。キャロットジュースが好き。
 ・一見気は強そうだが実はおっとり型。
 ・爪が堅い。
 ・ポニーテール以外できない呪いがかけられている。
更新:2001-01-01 
アイコン:白蛇  2001年一般向け年賀用CG。なおこの年は非一般向けCGは描かなかった。
更新:2000-01-01 
アイコン:輪音・天鐘  オリキャラ。なんだかルリルリ+ララァみたいなカンジである。ちなみに女の子の方が「輪音」、周囲の光の輪がオプションパーツ「天鐘」。
更新:2000-01-01 
アイコン:青龍  2000年一般向け年賀用CG。鱗のコピー&ペースト&角度変更に時間がかかった覚えが。
 親戚からは「蛇みたい」と言われ不評(苦笑)。
更新:2000-01-01 
アイコン:辰美那  2000年非一般向け年賀用CG。やはりスキャン原画に修正もかけず色を塗っただけ。
 一応オリジナルで描いたのだが、友人からあるえちゲーに似たキャラがいると言われた。
更新:1999-01-01 
アイコン:うさぎA  1999年一般向け年賀用CG。瞳がコワいと評判(笑)。
更新:1999-01-01 
アイコン:うさぎB  1999年非一般向け年賀用CG。特にモチーフもなく描いたモノ。原画もシャーペン描きをスキャンしたそのままを利用した手抜き(笑)。